ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

アイソメトリクスで腹筋下部と大腰筋を鍛える

腕立て伏せなどのトレーニングは動的筋トレと呼ばれるもの。関節を動かすことで筋肉に負荷をかけます。一方、関節を動かさない静的筋トレと呼ばれるトレーニングも存在。動きが必要ないためオフィスなどですぐに実践できます。そんなアイソメトリクスで腹筋下部と大腰筋を鍛える方法を紹介しましょう。



アイソメトリクスで腹筋下部と大腰筋を鍛える

アイソメトリクスをオフィスで実践

レッグレイズは床に仰向けになって伸ばした足を上げ下げすることで、腹筋下部を鍛えるエクササイズ。いわゆる動的筋トレになります。とはいえ、床に仰向けになる必要があるため、オフィスなどで気軽に取り組むことはできません。

このレッグレイズをアイソメトリクスで行えば、関節を動かすことがないため動きも最小限です。しかも、椅子に座って実践できるため、オフィスなどでも手軽に取り組めるでしょう。

アイソメトリクスによるレッグレイズのやり方は、背筋を伸ばして椅子に座って、両手をそれぞれのひざの上に置きます。ここでひざに置いた手を下方に押し付けながら、5秒かけてゆっくりと持ち上げるのです。

アイソメトリクスなら大腰筋も強化

下ろすときも5秒かけて、今度は足の力で抵抗しながらゆっくりと下ろします。この動きを左右それぞれで5回ずつ行うわけです。左右5回を1セットとして、1日3セットを行ってください。

アイソメトリクスによるレッグレイズは、腹筋下部を意識することがポイント。腹筋を使ってひざと手に負荷をかけるようにします。また、上半身が前後や左右にぶれないことも大切なポイントです。

通常のレッグレイズは腹筋下部が鍛えられますが、アイソメトリクスによるレッグレイズは加えてインナーマッスルである大腰筋も強化されます。大腰筋は日常動作のほとんどに関わるインナーマッスル。姿勢がよくなることで知られています。

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはつまずき防止に効果アリ
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減
腸腰筋の鍛え方次第で食べても太らない体になる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事