ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

ちょっとした段差につまずくのはインナーマッスルが弱っているからかもしれません。なかでも大腰筋は、転倒予防に効果のあるインナーマッスル。大腰筋は歩いているだけでは鍛えることができない筋肉です。大腰筋ストレッチで刺激を与えて、インナーマッスルを復活させましょう。



スポンサーリンク
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

ふだんの大腰筋ストレッチが大切

大腰筋は上半身と下半身をつなぐ重要なインナーマッスルです。骨盤と足の付け根を結ぶ腸骨筋と合わせて「腸腰筋」とも呼ばれます。

そんな重要な大腰筋ですが、じつは「休眠筋肉」といわれているほどふだんは使われない筋肉です。このため、大腰筋は意識して鍛えなければどんどん弱ってしまいます。

このため、ふだんから大腰筋をストレッチすることが大切。ストレッチするだけでも大腰筋が刺激され、結果的に鍛えることができます。するとしっかり足を上げられるようになり、つまずいたりするのを予防できるのです。

インナーマッスルの大腰筋や腸骨筋

大腰筋ストレッチのやり方

さっそく大腰筋ストレッチのやり方です。まず右ひざを床について、左足を大きく前に出してください。このときの左ひざの角度は90度、右ひざは地面から45度くらいです。

この姿勢から骨盤を前に押し出すようにストレッチします。このときストレッチされるのは右足の付け根です。骨盤を平行に移動させて、腰を反らさないように注意します。

大腰筋ストレッチは左右それぞれ20~30秒ずつ。うまくバランスがとれないときはイスや台などを体の脇に置いて、そこを支えにしてストレッチすると安定するでしょう。

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事