ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

バランスの良い食事は楽しく食べることが重要

バランスの良い食事はアスリートはもちろん、スポーツをする大人や子ども、学生にも必須事項といえるでしょう。とはいえ、せっかくだから間違えずに楽しくバランスの良い食事をしたいものです。管理栄養士にバランスの良い食事を摂るコツを伝授します。『FOOT×BRAIN』で紹介されていました。



スポンサーリンク
バランスの良い食事は楽しく食べることが重要

バランスの良い食事を摂るコツを伝授

お話をお聞きするのは、テニスプレーヤーの錦織圭やフィギュアスケートの浅田真央、スキージャンプの高梨沙羅など、多くのトップアスリートの食事をサポートしてきた管理栄養士・細野恵美さん。バランスの良い食事を摂るコツを伝授します。

以前と比べてダイエットや栄養バランスなど、食事に関する情報が溢れているため、アスリート自身の栄養に対する意識も高くなっているのが現状。とはいえ、情報に振り回されずに、正しい知識を身に付ける必要もあります。

そんなバランスの良い食事の基本が「糖質・タンパク質・野菜」です。糖質制限ダイエットの流行もあって、アスリートのなかには体型を気にして糖質制限をする人もいます。

バランスの良い食事の目的は体作り

とはいえ、糖質は大事なエネルギー源。糖質はグリコーゲンという形で蓄えられます。ご飯だけでこれだけの糖質を摂るのは難しいので、フルーツからの糖やゼリー飲料、オレンジジュースなど、小分けにして糖質を摂っていくのがコツです。

加えて、バランスの良い食事では、筋肉を修復するためのタンパク質も大切。そして、糖質とタンパク質を陰で助けるのがビタミン。糖質の吸収を助けるのはビタミンB1、タンパク質の吸収を助けるのはビタミンB6になります。これらは野菜や海藻、きのこ類から摂れる栄養で、なくてはならない存在です。

バランスの良い食事は食べることが目的ではありません。本来の目的は、食べた栄養を体にしっかり吸収して強い体を作ることです。そのためには、楽しく食べることが重要。それが強い体作りにつながるのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事