ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

血圧を下げる食事はパンよりフルーツグラノーラ

昔ながらの和食が健康によいというのは誤解です。和食は塩分をたくさん含んでいるものが多いもの。このため、高血圧の人は朝食に和食を避けると、血圧が安定するのです。とはいえ、洋食にすれば塩分が減るわけではありません。血圧を下げる食事はパンよりもフルーツグラノーラがおすすめです。



血圧を下げる食事はパンよりフルーツグラノーラ

洋食も血圧を下げる食事にならない

典型的な和食の朝食には塩分が多く含まれています。ご飯に味噌汁、焼き鮭、納豆、お漬物といったメニューの場合、塩分は味噌汁で2g、焼き鮭で2g、お漬物で1.5g、納豆はたれを使うと0.5g。合計で6gほどになります。

高血圧の人の塩分摂取量の目標は、1日あたり6g未満です。これでは和食の朝食ですべて摂取してしまう計算。このため、血圧を下げる食事としては、1日3食のうち1食だけでも、和食でないメニューを食べるのがおすすめです。

ただし、和食を洋食に変えれば塩分が減るというと、話はそう単純ではありません。じつは、洋食の朝食の定番メニューであるパンにも塩分が入っています。8枚切りの食パン1枚で0.5gほど。2枚食べると、それだけで1gです。

血圧を下げる食事にぶどうジュース

パンに塗るバターにも塩分は0.2gほど、スライスチーズやハムなどにもそれぞれ1枚あたり0.5gの塩分を含んでいます。和食を洋食にするだけでは、血圧を下げる食事になるわけではありません。

ここで、血圧を下げる食事に最適な食材がフルーツグラノーラです。フルーツグラノーラ1食分50gに含まれている塩分量は0.2g。牛乳200mlをかけても塩分量は0.2gです。ぜんぶで0.4gにしかなりません。

このほか、血圧を下げる食事には1日3杯のぶどうジュースも効果的です。ぶどうジュースにはポリフェノールが含まれています。このポリフェノールに血管を広げる効果があるため、血圧を下げる食事になるのでした。。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事