ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは

「セロトニン」は自分が幸せを感じたときに出る「喜びホルモン」とも呼ばれるもの。脳を覚醒させてすっきり爽やかな気分にする効果があり、ストレス解消には重要な彫るんです。そこで、喜びホルモン「セロトニン」を食事で増やすための3つの栄養素を紹介しましょう。8月11日放送『主治医が見つかる診療所』の「不眠改善&肥満防止!最新ストレス解消法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは

セロトニン不足はさまざまな病気を招く

セロトニンを出す場所は、脳の脳幹という一番古い脳にあたります。指揮者が焚くとの振り方を変えると楽曲の雰囲気が変わるように、セロトニン神経のタクトの振り方が変わると脳全体が変わるのです。

その効果としては「脳の覚醒」によってすっきり爽やかな気分になります。また「心の安定」により興奮や不安を抑えてくれるのです。そして「インナーマッスルや筋肉に作用」して、姿勢を改善したり表情が若々しくなる効果もあります。

セロトニン不足はうつ病や不眠症など、いろいろな病気の元になるもの。それだけセロトニンが重要ということです。いわばエンジンが回るために絶対に必要なエンジンオイルのようなものといえるでしょう。

セロトニンを増やす3つの栄養素

食事でセロトニンを増やすこともできます。セロトニンを増やす栄養素はおもに3つあるのです。

1つは「トリプトファン」というアミノ酸の一種。セロトニンの原料になります。トリプトファンが含まれている食材は魚類や肉類、乳製品やタマゴ、大豆やゴマなどです。

もう1つは「ビタミンB6」で、補酵素という役割を持っています。ビタミンB6が含まれている食材は魚類やニンニク、しょうがなどです。

そして、最後の1つが「鉄」。意外と知られていませんが、鉄がないとセロトニンが作られません。鉄は魚類やレバー、ほうれん草、小松菜などに含まれています。

■8月11日放送『主治医が見つかる診療所』
【不眠改善&肥満防止!最新ストレス解消法】

発見!ストレスを医学的に解消する方法とは
思いやりホルモン「オキシトシン」の分泌効果
セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは

■「セロトニン」おすすめ記事
セロトニンを増やす方法を西郷輝彦が伝授!
セロトニンを増やす方法は腸を刺激する呼吸法

■「栄養」おすすめ記事
大根の栄養を損なわずに大根おろしをおろすコツ
不眠症の原因は食事の栄養バランスかもしれない
キウイの栄養度はヨコでなくタテに押すとわかる
スルフォラファンは免疫力をアップする栄養素
「まごわやさしい」が松井秀喜のパワーの秘密

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事