ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

夏の暑い夜でもよく眠れる方法は深部体温がカギ

じつは体温には、表面体温と深部体温の2種類が存在しています。表面体温とは、その名のとおり体の表面の温度。一方の深部体温は、脳や体の内部の温度のことをいいます。そして、よく眠れる方法には深部体温の変化が大きく関係しているのです。『その原因、Xにあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
夏の暑い夜でもよく眠れる方法は深部体温がカギ

よく眠れる方法は冷却シートを貼る

夏の暑い夜、氷枕で寝るのと冷却シートをおでこに貼って寝るのとでは、どちらがよく眠れる方法でしょう? 正解は冷却シート。氷枕で寝ると首を冷やし過ぎてしまうので、あまりよく眠れる方法にはなりません。

首には脳にダイレクトにつながっている頸動脈がああります。首を冷やしすぎてしまうと、そこを流れる血液の温度が低下。脳が体温が低いと勘違いしてしまい、体温を下がりにくくしてしまうのです。

すると手足からの体温の放熱が少なくなって、深部体温が下がりにくくなってしまうのです。一方で、冷却シートをおでこに貼るのはよく眠れる方法。冷却シートは冷たすぎず、適度な清涼感があるため、寝苦しい夜に寝つきをよくしてくれます。

よく眠れる方法は白湯などを飲む

暑い夏は夕食後などでまったりしていると、ついうたたねをしてしまいがち。じつはこれが、よく眠れなくなる原因になります。というのも、人間は高い深部体温が急激に下がるときによく眠れるようになっているからです。

もし1回うたたねしてしまった場合、いったん深部体温がグッと下がってしまいます。こうなると、いざ寝ようとしたときに、深部体温が下がる余地がないため、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

そんなときはよく眠れる方法として、白湯などを飲むのがおすすめ。すると、深部体温が下がったところから少し上がることになります。そこからまた下がる勢いで眠ることができるというわけです。白湯のほか、ホットレモンやホットミルク、ホット麦茶などがよいでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事