ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腸腰筋の鍛え方はアイソメトリクスでやると簡単

腸腰筋とは足を上げる機能を持ったインナーマッスル。段差もないのにつまずくことが多い人は、腸腰筋が衰えている可能性が大です。とはいえ、インナーマッスルである腸腰筋は意識的に動かすのが難しい筋肉。そこで、アイソメトリクスで簡単にできる腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
腸腰筋の鍛え方はアイソメトリクスでやると簡単

アイソメトリクスの腸腰筋の鍛え方

アイソメトリクスとは、筋肉の長さを変えずに負荷をかけるトレーニングメソッドで、等尺性筋収縮ともいわれるもの。通常の筋トレは、負荷を変えずに筋肉を収縮させる等張性筋収縮になりますす。

アイソメトリクスで鍛える腸腰筋は、いわゆるインナーマッスル。力こぶを作る上腕二頭筋などのアウターマッスルは、その筋肉を意識して鍛えることは簡単ですが、手で触れることができないインナーマッスルは鍛え方が難しいのです。

そこで、アイソメトリクスでやる腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。座りながらできるので簡単です。腸腰筋は背骨と足の骨を結んでいる太くて長い筋肉群。腸腰筋を鍛えることで足を上げる機能がアップします。

腸腰筋の鍛え方のポイントはイメージ

腸腰筋の鍛え方は椅子に浅く座って背筋を伸ばし、両手を机の上に置いたら準備完了。この体勢から左ひざを机を押し上げるように当てて、両手は机の上に置いて下に強く抑えて5秒キープするのです。

アイソメトリクスでやる腸腰筋の鍛え方は、左右交互に合計10回。これを1日3セット行います。腸腰筋の鍛え方のポイントは、足の付け根に力を入れること。そして、段ボールを足と手で押し曲げるイメージを持つことです。

とはいえ、机にのしかかる前のめりの姿勢では効果が半減します。背筋が伸びた状態を意識してください。実際にやってみると、ふだんあまり意識することのない足の付け根の腸腰筋が鍛えられていることを感じることができるでしょう。

■「腸腰筋の鍛え方」おすすめ記事
腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減
腸腰筋の鍛え方次第で食べても太らない体になる

■「腸腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはつまずき防止に効果アリ
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事