ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖質制限のおやつに「糖類ゼロ」を選ぶのは危険

糖質ゼロをうたうアルコールが増えている昨今、糖類オフや糖類ゼロをうたうお菓子類が次々と登場しています。糖類をカットしていれば糖質制限ダイエットに向いていると思いきや、じつは糖類ゼロには落とし穴があるのでした。『この差って何ですか』で紹介されていました。



スポンサーリンク

糖類とは糖質の一部でしかない

そもそも「糖類」と「糖質」には、どのような意味の違いがあるのでしょう? 糖類も糖質も、どちらも炭水化物の中の栄養素のことです。炭水化物はまず、糖質と食物繊維に分けられるもの。「糖質=炭水化物-食物繊維」です。

さらにこの糖質は、ブドウ糖や果糖など比較的カロリーが高い成分と、でんぷんやオリゴ糖など比較的カロリーが低い成分に分類できます。このうち、糖質のなかでも比較的カロリーが高いものが糖類なのでした。

つまり、糖類とは糖質の一部でしかありません。糖類ゼロとは、糖質の中でもカロリーの高いものだけを取り除いた状態。カロリーが低いとはいえ、でんぷんなどの糖質は残っている状態になります。

糖質制限のおやつは糖類に注意

糖類の定義は法律として決まっています。糖類とは、単糖類と二糖類のみを指します。単糖類はブドウ糖や果糖などのこと。二糖類はショ糖や乳糖などになります。ちなみにショ糖は砂糖の主成分です。でんぷんなどのこと意味する多糖類は含まれていません。

一方の糖質ゼロとは、カロリーの低い成分も含めて糖質をカットしてあるもの。糖質がまったく含まれていないことを意味します。

このため、糖質制限のおやつに糖類オフや糖類ゼロを選ぶのには注意が必要です。糖類ゼロと書いてあっても、インスリン分泌を促すでんぷんなどの糖質が含まれています。糖質ゼロを選んだほうが糖質制限ダイエットには効果的です。

■「糖質制限のおやつ」おすすめ記事
糖質制限のおやつなら小麦ふすまパウンドケーキ

■「糖質制限」おすすめ記事
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限食3パターンはプチから始めるのが基本
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下
糖質制限を外食でも成功させたモノマネ芸人

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事