ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ドローイン効果を腹筋運動に取り込むと効果倍増

ドローインは単体で行うだけでもインナーマッスルを効果的に鍛えられます。しかし、腹筋運動などの筋トレと組み合わせると効果が倍増するのです。とはいえドローインしながらの筋トレはなかなか難しいもの。そこで、ドローイン効果を腹筋運動に取り込むコツを紹介しましょう。



スポンサーリンク
ドローイン効果を腹筋運動に取り込むと効果倍増

ドローイン効果を腹筋運動に取り込む

ドローイン効果を腹筋運動に取り込んでいるのが、スキージャンプの葛西紀明選手です。じつは葛西選手がここ数年、体の中心を強くするインナーマッスルトレーニングに取り組んでいます。

ベテランである葛西選手にとって、不用意な怪我は命取り。怪我を予防するためにインナーマッスルをトレーニングしています。また、体の軸がぶれなくなる効果で、持っている筋力がほぼ100%発揮できるようになるのです。

そして、葛西選手が行っているインナーマッスルトレーニングが、普通の腹筋運動にドローイン効果を取り込めんだもの。通常はアウターマッスルしか鍛えられないところを、インナーマッスルまで鍛えられます。

ドローイン効果でインナーマッスル

ドローイン効果を取り込んだ腹筋運動は、仰向けに寝てひざを立てたら準備完了。足の裏は床につくようにします。ここで、へその1cmくらい下を1cmほどへこますように軽く力を入れてキープしてください。

そして、お腹に入れた力をキープしながら、おへそを見るようにして上半身をゆっくりおこすのです。おへそが見えたら3秒停止。ゆっくり戻ります。これを5回繰り返すのです。

おへその下をへこませながら腹筋運動することで、ドローイン効果が発動。腹筋運動でもインナーマッスルが鍛えられるようになります。アウターマッスルとインナーマッスルの両方が鍛えられるので、効果倍増というわけです。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事