ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ドローインの効果はインナーマッスルに現れる

ドローインは「息を吸う・引っ込める」という意味の英語。この息を吸ってお腹を大きく引っ込めるドローイン効果だけで、激しい運動ナシで痩せられます。ドローインの効果が現れるのは腹横筋というインナーマッスル。このため、ドローインの効果で下腹部をへこませることができるのです。



スポンサーリンク
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる

ドローイン効果は1日10回で現れる

さっそくドローインの方法です。呼吸の仕方としては、常にお腹をへこませた状態で呼吸を行う胸式呼吸に近いでしょう。立った状態、または仰向けに寝た状態で行います。仰向けの場合は足を骨盤の幅程度に広げ、膝を90度ぐらいに曲げて行ってください。

まず背筋を伸ばして胸を張り、息を大きくゆっくり吸い込みます。お腹はへこませたまま、胸を膨らませるようにたくさん息を吸い込んでください。そして息をゆっくり吐きながら、さらにお腹をへこませます。このとき、肛門を締めるイメージでお尻にも力を入れると効果的です。

お腹をへこませたまま、浅い呼吸をできるだけ長くできるようにがんばりましょう。お腹をへこましている時間を20秒、30秒と徐々に延ばしていきます。最終的には、ドローインを30秒キープして休憩30秒を交互に行ってください。1日10回ほど行えば、ドローイン効果が現れるはずです。

ドローインの効果は丹田でアップ

ドローインの効果は、息を吐くときに気の集まる場所とされている「丹田」を意識するとアップします。丹田はへその5~9cmほど下にあり、丹田に向かって腹圧をかけるように、お腹をへこますようにするとよいでしょう。下腹部のシェイプアップがさらに効果が期待できます。

ドローインは姿勢を選ばずできるダイエット法なので、イスに座っている状態や、体育座りやあぐらをかいた状態でもOKです。そのときも、丹田に向かってお腹をへこますイメージを持つことを忘れないでください。

運動が苦手な人でも、お腹をへこませて呼吸をするだけのドローイン効果を実感できるはず。ちょっと空いた時間にできるのが魅力です。何かをしながらもでもドローイン効果は変わらないので、毎日続けやすいでしょう。


スポンサーリンク

ドローイン効果で鍛えられる腹横筋

ドローイン効果で鍛えられるのは、インナーマッスルのひとつである腹横筋。腹横筋というのは、お腹を取り巻く筋肉の中でもっとも内臓側にあるインナーマッスルです。

お腹をコルセットのように覆っている広い筋肉で、なおかつお腹をへこませることができる唯一の筋肉でもあります。このため、ドローインの効果は下腹部をへこませることも期待できるのです。

また、腹横筋が強化されると体幹が安定しやすく、腰への負担を軽減するという副次的な効果もあります。ドローイン効果はそのためお腹まわりの引き締めだけでなく、腰痛の改善にも効果が期待できるのです。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

■「インナーマッスル」おすすめ記事
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事