ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪レベルを下げるなら歩くを運動に変える

内臓脂肪は普通預金で、皮下脂肪は定期預金。内臓脂肪は運動などの効果がすぐ現れるのが特徴です。とはいえ、ふだんから運動する時間をとるのは難しいもの。そこで、日常を運動に変える方法を紹介しまいましょう。内臓脂肪レベルを下げるなら「歩く」を運動に変えるのです。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げるなら歩くを運動に変える

内臓脂肪レベルを下げる2つの方法

皮下脂肪は皮膚の下にあるため、手でつかむことができます。しかし内臓脂肪は、お腹の内臓のまわりにあってつかむことができません。ただし、皮下脂肪と比べて、内臓脂肪はダイエット効果がすぐに現れます。

このため、内臓脂肪レベルを下げるには運動することがもっとも効果的。とはいえ、ふだんから運動する時間はなかなかとれないもの。そこで、ふだん歩くことを運動に変えてしまえばよいのです。

内臓脂肪レベルを下げるために、歩くことを運動にする方法は2つしかありません。足を高く上げて歩くか、早足で歩くかのどちらか。内臓脂肪レベルを下げるには、運動強度を上げるか、運動スピードを上げるかということです。

内臓脂肪レベルを下げる効果がアップ

強度を上げるにしてもスピードを上げるにしても、内臓脂肪レベルを下げるウォーキングは、少し汗をかく運動を30分ほど続けることがポイント。1日30分ウォーキングできれば、かなりのエネルギーが消費されます。

歩くときは砂利道や砂地など不安定なところを選ぶと、内臓脂肪レベルを下げる効果がアップ。体が自然にバランスをとろうとして、ふだん使われていないインナーマッスルが鍛えられます。

さらに体幹に力を入れながら歩くと、内臓脂肪レベルを下げる効果がアップ。やり方は、腹筋と背筋に力を入れて姿勢をよくして歩くだけです。これだけで内臓脂肪を減らす効果が高まるのです。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事