ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓脂肪レベルを落とすキャベツの食べ方とは

キャベツダイエットというメソッドもあるほど、キャベツはダイエットに適した食材。低カロリーなだけでなく、食物繊維が豊富に含まれています。そして、この豊富な食物繊維にこそ内臓脂肪レベルを落としてくれる秘密。内臓脂肪レベルを落とすキャベツの食べ方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを落とすキャベツの食べ方とは

内臓脂肪レベルを落とすキャベツ

内臓脂肪レベルを落とす食材としてキャベツがおすすめされる理由は食物繊維にあります。食物繊維が食べ物の脂肪を吸着して、便として体外に排出する作用があるからです。

キャベツを食べて内臓脂肪レベルを落とすには、よくかんで食べることが大切。よくかむことは消化を促進すると同時に、過食防止にもつながるからです。

キャベツを食べるときは千切りやざく切りがよいでしょう。かさが増えるので見た目にも満腹感が得られ、より内臓脂肪レベルを落とす効果が高まります。

内臓脂肪レベルを落として健康維持

キャベツの成分も見逃せません。キャベツはビタミンCがずば抜けて豊富に含まれています。大きめの葉を2~3枚食べるだけで、1日に必要なビタミンC摂取量をクリアするほどです。

豊富に含まれるビタミンUには胃壁の粘膜を丈夫にして、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防する働きがあります。ビタミンKとカルシウムは骨を強化。キャベツは内臓脂肪レベルを落としながら、健康維持もできる食材です。

ただし、ビタミンCやビタミンUは熱に弱いので、生で食べるのが基本。また、キャベツの芯には栄養が詰まっているので、捨てずに細かく刻んで食べるようにましょう。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事