ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ウエスト引き締めに効果のある腹横筋の鍛え方

お腹のインナーマッスルを鍛えてウエストを引き締めると、腰痛の予防・改善につながります。その結果、健康寿命を延ばすことにつながるのです。逆にウエストの引き締めができていないのは、お腹のインナーマッスルが弱っている証拠。猫背や腰痛の原因となるのです。



スポンサーリンク
ウエスト引き締めに効果のある腹横筋の鍛え方

ウエスト引き締めエクササイズ

そこで、健康寿命を延ばすためのウエスト引き締めエクササイズを紹介しましょう。まずはインナーマッスルトレーニングの基本となる正しい姿勢の作り方を見ていきます。

インナーマッスルを鍛える正しい姿勢は、下腹部の前で三角形を作ります。両手の恥骨に中指を置いたら、手の平の付け根を骨盤のでっぱりの部分に当ててください。そして、両手の親指の先端同士を合わせて三角形を作るのです。

この三角形の面が床に対して垂直になるのが正しい姿勢。三角形が地面と垂直となるように下腹部を上げて、肋骨と横隔膜、こ骨盤が平行になるようにイメージして、正しい姿勢をとるのです。

ウエスト引き締めは四つん這いで

そして、ウエスト引き締めのカギを握るのが腹横筋。お腹のコルセットとも呼ばれるインナーマッスルです。腹横筋を筋トレするエクササイズは四つん這いになって行います。

四つん這いになっても、正しい姿勢をしっかり意識するようにしてください。ここで息を吐きながらお腹の力を抜くと、重力は天井からかかっているため臓器が重力で下に引っ張られた状態。お腹をだらんとゆるんでくれます。

続いて息を吸いながら、いきを背中のほうにお腹を引き込むのです。お腹を引き込むということは、腹横筋が重力に抗して収縮するということ。このため、四つん這いでお腹をへこませるだけで、ウエスト引き締めができるのです。

■「ウエスト引き締め」おすすめ記事
オチョダイエット効果でウエストだけをシェイプ
腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減
体幹トレーニング効果でウエストにくびれが出現
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事