ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減

腸腰筋はくびれや若返りをもたらす注目のインナーマッスル。腸腰筋を鍛えることで、2週間でウエストが5センチも細くなったという人もいます。そこで、3つの基本的な腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。この腸腰筋の鍛え方で、無理なくインナーマッスルを呼び覚して強化できます。



スポンサーリンク
腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減

太ももを上げる腸腰筋の鍛え方

腸腰筋を鍛えると基礎代謝が上がって、脂肪燃焼効果が高くなります。それは腸腰筋が体の中心部にあって、とても大きな筋肉だからです。加えて姿勢も改善されるため、肩こりや腰痛予防にもなります。

そんな腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。まずは、その場で足踏みしながら太ももを上げる腸腰筋の鍛え方です。体の奥に疲れを感じるのであれば、とくに大腰筋に効いていることになります。

背筋を伸ばして立って、手を軽く握ったら準備完了。ひざが90度になるよう大きく足踏みします。足は付け根から上げて、太ももと床を平行になるように、腕は曲げて足と左右対称に前後へ腕を振ってください。最初はゆっくりと100回を目標に行います。

足を前後に動かす腸腰筋の鍛え方

次は、足を前後に大きく動かす腸腰筋の鍛え方です。足の付け根から大きく動かすことを意識してゆっくりと動かしてください。

椅子の背を片手で持って体を固定したら、息を吸いながら胸を張って背筋を伸ばして準備完了。この体勢から足を付け根から後ろへ大きく振り、息を吐きながら太ももを胸まで引き上げるのです。

反対の足も同様に足の付け根から前後に動かします。片足10回から始め、30回を目標にしてください。腸腰筋の鍛え方としては、強く動かすことよりも股関節と足全体を大きく動かすことが大切です。


スポンサーリンク

足を大きく踏み込む腸腰筋の鍛え方

最後は、足を大きく踏み込む動きを繰り返す腸腰筋の鍛え方です。足を踏み出したときに腸腰筋がストレッチされ、後ろに蹴り戻るときに筋力を鍛えられます。

腰に手を当てて背筋を伸ばして立ったら準備完了。息を吐きながら1歩踏み込んで腰を沈めます。そして、沈み切ったら踏み出した足を元に戻すのです。続けて反対の足を同様に1歩ゆっくりと踏み込みます。

無理のない歩幅で左右交互に10回ずつ行ってください。踏み込んだ足のひざの角度は90度です。踏み込んだ際、つま先より前にひざが出ると膝に負担がかかります。ひざの位置はつま先の真上にくるようにしてください。

■「腸腰筋の鍛え方」おすすめ記事
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消
腸腰筋の鍛え方!行列に並びながらできる!!
腸腰筋の鍛え方次第で食べても太らない体になる
腸腰筋の鍛え方はお腹の奥の筋肉をイメージする

■「腸腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の筋トレは階段を上りながらでもできる
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事