ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

虫歯より怖い「歯周病」の簡単チェック法!

現在、歯周病患者は40歳以上のおよそ8割、推定で5,000万人といわれています。この歯周病、じつは虫歯より怖い存在。何よりも大きな特徴は、痛みがほとんどないことです。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
dent1

虫歯も歯周病も細菌の感染症

虫歯も歯周病も、元をただせば「細菌の感染症」。細菌が歯本体に感染するのが虫歯、歯茎に歯周病菌が感染して炎症をおこすのが歯周病です。

歯を支えている「歯槽骨」と「歯茎」の境目に入り込んだ細菌が炎症をおこします。「歯槽膿漏」というのは、歯周病の中でももっとも重い症状。歯茎から血や膿、口臭が発生したりします。

歯周病が進行していくと、歯を支えている骨をも溶かしてしまうため、歯を失います。「歯を失う」と聞くと虫歯をイメージしますが、じつは歯周病が原因という場合が多いのです。

自覚症状がない歯周病をチェック

しかも、ほとんど自覚症状がないため、知らぬ間に症状が進行してしまいます。気づいたときには手遅れ…ということもあるのです。そうならないためにも「歯周病チェック」をしましょう。

【歯周病チェック】

  • 朝口の中がネバネバする
  • 歯を磨くと出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯茎がむずがゆい
  • 歯茎を押すと血や膿が出る
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎が浮いた感じがする
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • 冷たいものがしみる

3つ以上当てはまったら要注意です。自覚症状がない歯周病、あなたは大丈夫でしょうか?

歯周病の炎症の状態を表すのは「歯周ポケット」と呼ばれる、歯と歯茎にできたすき間の深さ。健康な人で「0.5~2mm」です。「3~5mm」になると、歯周病一歩手間の「歯肉炎」。「5~7mm」で中程度の歯周病、「7mm以上」で重度の歯周病となります。

■2月16日放送『駆け込みドクター!』
【歯の三大トラブル徹底検査SP】

歯周病と糖尿病の「負の連鎖」のメカニズム
生理前と妊娠中は「歯周病」になりやすい!

■「歯」おすすめ記事
突然死の新原因「歯周病」が注目される理由
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している
過剰歯の割合は子ども100人に対して1人程度

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事