ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

長引く咳は「大人ぜん息」が原因かもしれない

長引く咳は「大人ぜん息」が原因かもしれません。たかが咳と放置すれば、呼吸困難となって窒息死する危険もあります。レントゲンにも映らない原因不明の長引く咳の原因となる大人ぜん息の実態に迫ります。『駆け込みドクター!』の「知らないとコワイせきSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
長引く咳は「大人ぜん息」が原因かもしれない

長引く咳でも喘息と診断されない

ぜん息といえば小児ぜん息というイメージがありますが、それだけではありません。そもそもぜん息とは、空気の通り道である気管支が炎症によって狭くなる病気です。

それが大人になったから発症するのが「大人ぜん息」。患者数はこの30年間で約3倍にも増加しています。じつに、その7割が大人になってから初めて発症した人なのでした。

大人ぜん息は、30~40代で突然発症することがほとんど。このため、長引く咳でも喘息と診断されずにそのまま放置されることが多いのです。喘息の症状は、専門医でなければなかなか診断できないといいます。

長引く咳の有無に関わらず吸入薬

風邪と診断されて薬を処方されても、長引く咳がなかなか止まらないときなどは、大人ぜん息の可能性が大。「長引く咳が8週間以上」「風邪のたびに咳が長引く」「咳は夜中から明け方が激しい」といった症状がある場合には専門医の診断を受けるようにしましょう。

長引く咳の大人ぜん息の治療には、吸入ステロイド薬を使用します。口から吸入した薬が気管で直接作用。炎症を抑えて発作をおこりにくくするのです。規則正しく継続して使うことで、長引く咳などのぜん息の症状を少しずつ改善してくれます。

ぜん息というのは、症状があるときだけがぜん息ではありません。ふだんから気道がただれて炎症があるもの。長引く咳の有無に関わらず、吸入薬を継続的に使うことが重要です。

■「長引く咳」おすすめ記事
長引く咳は「心臓房弁膜症」が原因かもしれない
心臓弁膜症で咳が長く続いてしまう理由とは
長引く咳は風邪でなく咳喘息の症状かもしれない

■「大人ぜん息」おすすめ記事
急増する「大人ぜん息」の症状を知っておく
大人喘息が30年間で3倍!長引く咳には要注意

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事