ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

胸痛の原因は8割以上は心臓病ではない事実

アメリカでのデータでは、胸痛を訴えて病院に来た人のうち心臓病が原因だった人は2割以下。8割以上は、別の病気が原因で胸痛がおきていたのです。何が原因で胸痛がおきていたのでしょう? 『ためしてガッテン』の「まさかの奇跡の生還SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
胸痛の原因は8割以上は心臓病ではない

胸痛の原因は逆流性食道炎

神奈川県に住む54歳の女性は、50歳を過ぎたころからきつい胸痛に悩まされていました。内側からギューッとつかまれる感じで、まさに心臓病の痛みと同じようなもの。グーッと締め付けられるような胸痛は、間違いなく心臓が原因と思っていました。

半年前にはついに、息もできないほどの胸痛がひんぱんに発生。たまらず病院に駆け込んで心臓の検査を受けたのです。しかし、心臓には異常がありません。

このとき、医師から処方された薬は「逆流性食道炎」のもの。胃酸が食道に逆流してしまう病気です。実際、胸痛で病院に来る人の多くの原因は逆流性食道炎であるといいます。胸痛に処方された薬は胃薬でした。

逆流性食道炎を胸痛と感じる原因

逆流性食道炎は、胃から酸が逆流することで食道がびっくり。そのときに食道が収縮するのです。これが胸痛と感じてしまう原因。ギューッとつかまれるように心臓が痛く感じる原因は、ここにあったのです。

逆流性食道炎のおもな症状としては胸焼けですが、胸痛が現れたときは狭心症や心筋梗塞とそっくり。病院に行けば治療法はしっかり確立されていますから、まずは診断を受けることが大切です。

じつは胸痛がおこる病気はさまざまあります。実際、胸痛の多くは心臓病が原因でないことがほとんど。とはいえ、胸痛が危険な病気の症状であることもあります。胸痛の原因はどのように見分ければよいのでしょう?


スポンサーリンク

胸痛で指させない痛みの原因は?

じつは胸痛の病気は、指で「させる」か「させない」かで見分けることができます。胸痛で病院に来て「ここが痛い」と指させる人は、神経や筋肉の痛みでピリピリしたりなど鋭い痛みが特徴。肋間神経痛や筋肉痛、帯状疱疹が疑われます。

一方、心筋梗塞や狭心症、大動脈解離、肺血栓塞栓症などの重症な病気は、内臓の痛みであるために、どこと指させないのです。このため「このへんが」という説明になります。

つまり、胸痛でその場所を指させない痛みは重大な病気が原因である恐れがあるということ。すぐに病院で診察を受けるようにするべきです。

■『ためしてガッテン』
【まさかの奇跡の生還SP】

心筋梗塞の症状は心臓に痛みがあるとは限らない
心筋梗塞の症状の特徴は原因不明の「冷や汗」

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
スポーツ選手の心臓は一般人の2倍も大きい
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減
心臓が原因の「物忘れ」があることが判明!
心臓が停止する「脈とび」は9割の人に発生
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事