ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スポーツ選手の心臓は一般人の2倍も大きい

人間の心臓は、通常は1分間に60回ほど拍動します。しかし、スポーツ選手の中には心臓が鍛えられることで、心拍数がとても少ない人もいるのです。このため、「危険な脈とび」を見分けるポイントである脈拍が1分間に「40回以下」という目安が通用しません。



スポンサーリンク
cycle

スポーツ選手の心臓の断面を超音波で測定してみると、一般の人と比べて大きくなっています。とくに持久力を必要とする競技であるマラソンや自転車などの選手は、運動中にたくさんの血液を必要とします。そこで、1回に送り出せる血液の量を増やすために、心臓自体が大きくなっているのです。

これが、いわゆる「スポーツ心臓」と呼ばれるもの。一般人の2倍近くも大きくなることもあります。一度に送り出せる血液量が多いため、安静時には送り出す回数は少なくて済むというわけです。

自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」で、5連覇という快挙を成し遂げたミゲル・インデュライン選手。彼は安静時の心拍数が世界一ゆっくりであることから、現役時代に世界記録を集めた本にも掲載されました。なんと1分間に「28回」だったのです。

このため、スポーツ心臓の場合は脈拍が1分間に「40回以下」であっても、危険な脈とびの目安は当てはまりません。ちなみにスポーツをやめると、心臓のサイズはまた元に戻ってしまうそうです。

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?
心臓が停止する「脈とび」は9割の人に発生
心臓が原因の「物忘れ」があることが判明!
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事