ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減

脈が飛ぶという現象は誰にでもおこるもの。ただし、安全な脈とびと危険な脈とびがあります。そして、危険な脈とびは徐脈性不整脈という病気です。見分けるポイントは1分間の脈拍が「40回以下」という目安。しかし、心臓を鍛えているスポーツ選手は例外といいます。



スポンサーリンク
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減

安静時の心拍数が世界一ゆっくり

一般的に人間の心臓は、1分間に60回ほど拍動します。しかし、スポーツ選手の中には心臓を鍛えることで、心拍数がとても少ない人もいるのです。『ためしてガッテン』の「物忘れの原因が心臓」で紹介されていました。

フランス中を走破する自転車レースの最高峰が「ツール・ド・フランス」です。このレースで、前人未到の5連覇という快挙を成し遂げたのがミゲル・インデュラインです。

じつはインデュラインは、安静時の心拍数が世界一ゆっくりであることから、現役時代にギネスブックにも掲載されました。なんと1分間の心拍数が28回だったのです。

スポーツ心臓は一度の血液量が多い

スポーツ選手の心臓は、一般人と比べて大きくなっています。とくに持久力を必要とするマラソンや自転車などの選手は、運動中にたくさんの血液が必要。1回に送り出せる血液の量を増やすために、心臓自体が大きくなっているのです。

場合によっては、一般人の2倍近くも大きくなることもあるとか。これが、いわゆる「スポーツ心臓」です。一度に送り出せる血液量が多いため、安静時には送り出す回数は少なくて済みます。

このため、スポーツ心臓の場合は脈拍が1分間の心拍数が「40回以下」であっても、徐脈性不整脈という診断にはなりません。ちなみにスポーツ心臓の人がスポーツをやめると、サイズはまた元に戻ってしまうようです。

■『ためしてガッテン』
【物忘れの原因が心臓病】

心停止は知らないうちに9割の人におきている
脈が飛ぶ…でも危険タイプと安全タイプがある
徐脈性不整脈の症状の見分け方は脈が止まる時間
徐脈性不整脈の症状はペースメーカーで治療
物忘れの原因が脈とびによる心臓の一時停止!?

■「スポーツ心臓」おすすめ記事
スポーツ選手の心臓は一般人の2倍も大きい

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事