ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ベーカー嚢腫は40歳以上の女性に多く発症する

ひざの裏側にできた膨らみはベーカー嚢腫かもしれません。ベーカー嚢腫は、押しても痛みがほとんどないのが特徴。40歳以上の女性に多く発症します。稀なケースではありますが、​良性腫瘍である神経鞘腫の場合もあるため、ベーカー嚢腫はは専門医に定期的に診てもらったほうがよいでしょう。



ベーカー嚢腫は40歳以上の女性に多く発症する

ベーカー嚢腫は水が溜まって発症

ベーカー嚢腫とは、ひざの裏側に押し出されるようにできる膨らみ。ひざの関節にある「滑液包」という潤滑油の役割を果たす水が入った袋に、ひざの炎症などで水が溜まって大きくなることで発症します。

大人のベーカー嚢腫は、半月板損傷や変形性ひざ関節症などによって発症。子どものベーカー嚢腫は、ひざが逆に反れる反張ひざやスポーツで同じ動作を繰り返すことなどで発症します。40歳以上の女性に多いのが特徴です。

ベーカー嚢腫の膨らみが気になるのであれば、水を抜けば症状を抑えることが可能。ただし、水を抜くだけでは、再び溜まることがあります。再発を防ぐために、ステロイドを患部に注射することも治療法の1つです。

ベーカー嚢腫は時間とともに改善

大人のベーカー嚢腫では、炎症を起こす原因となっている疾患を治す必要があります。子どもは過度な屈伸運動など、ひざに負担がかかる動作を繰り返していないか確認してください。

ベーカー嚢腫は痛みが少なく、生活に支障がなければ治療は基本的に必要ありません。嚢腫がやぶれて水が漏れ、周りに炎症を起こすことがありますが、時間とともに改善する場合がほとんどです。

なお、膨らみがひざ裏の静脈を圧迫して血栓を作って、治療が必要になることもあります。その意味では、ベーカー嚢腫は専門医に定期的に経過を診てもらったほうが安心でしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。