ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

偏頭痛の治し方「あり/なし」を検証してみた

偏頭痛に悩む人たちには、それぞれ独自の治し方があるもの。はたして、その偏頭痛の治し方は本当に効果があるのでしょうか? 偏頭痛の治し方「あり/なし」を検証してみました。頭を下げたりお風呂に入ったりする偏頭痛の治し方は明らかに「なし」。血管が拡張して余計に悪くなってしまいます。



スポンサーリンク
偏頭痛の治し方「あり/なし」を検証してみた

偏頭痛の治し方でお風呂はNG

偏頭痛の治し方でよく聞く方法は、頭が痛くなったら頭を下げて血液を頭に流すようにするというもの。しかし、これは医学的にはまったくの逆効果です。頭の血流が増えると血管が広がってしまうので、偏頭痛がもっとひどくなります。

片側に偏頭痛が出たときはその側面を壁に当て、反対側の手でグッと押し付けるというオリジナルの治し方もありました。こちらは、よくなる可能性のある治し方。こめかみにある大きな血管を圧迫することで血管が収縮する可能性があるからです。

偏頭痛になると、銭湯やマッサージで体を温めるのが治し方…という人もいました。しかし、これはNGな事例。お風呂に入って温めると、血管が拡張して余計に偏頭痛が悪化してしまいます。

偏頭痛の治し方は保冷剤が効果的

まだ偏頭痛が出ていないときに、お風呂で緊張を解きほぐすのはよいことです。しかし、痛みが出たらお風呂はダメ。シャワーで済ませるのがベターです。むしろ冷やしたほうが血管が収縮。頭痛が収まっていきます。保冷材で冷やすと効果的です。

頭痛の治し方で気をつけなければならないのは、緊張型頭痛は「温める」のに対して、偏頭痛は「冷やす」と正反対であること。自分の頭痛のタイプに合わせた治し方をしなければ、逆効果となってしまうのです。

なかには、緊張型頭痛と偏頭痛の複合タイプの人もいます。迷った場合は、偏頭痛に合わせて行動したほうが無難です。というのも、偏頭痛のほうがつらい頭痛。偏頭痛で間違った治し方をすると、余計に悪くなってしまうことになるからです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事