ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

頭痛は肩こりが原因ではなく「頚性頭痛」だった

頭痛は対処法を間違えると、かえって悪化させてしまうことがあります。とくに「頚性頭痛」は、肩こりが原因と間違えやすい頭痛。首のストレッチをすると、かえって症状が悪化するのです。『みんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病」で紹介されていました。



スポンサーリンク
頭痛は肩こりが原因ではなく「頚性頭痛」だった

頭痛が肩こりが出ると始まる

「頚性頭痛」とは、肩こりから首の神経が障害をおこしてその刺激が脳に伝達。頭全体が締め付けられるような激しい痛みが、長時間続く頭痛です。

10年前に頚性頭痛を発症したにもかかわらず、間違った対処法で悪化させてしまった57歳の女性の症例を見てみましょう。その頭痛は、頭の周りで大きな鐘を連打されているような響くような痛みだといいます。

この女性の場合、頚性頭痛が出始めた当初に対処法を間違えました。頭痛が肩こりが出ると始まることから、肩こりをほぐすための首のストレッチを行ったのです。

頚性頭痛の原因は肩こりではない

しかし、ストレッチは頚性頭痛でやってはいけない対処法。頚性頭痛で首にコリを感じた人は、なんとかそれをほぐそうと思っていろいろなことをしてしまいがちです。

しかし、頚性頭痛で一番よくないことが「首をぐるぐる動かす」こと。首だけの体操をすることで、逆に負担になってしまうのです。首のストレッチは肩こりには効果的。しかし、頚性頭痛の原因は肩こりではありません。首の神経には負担がかかって頚性頭痛が悪化しやすくなります。

頚性頭痛がよくおこる年齢は50歳を超えてからです。ふだんから肩こりがある人が頭痛を感じたシニア世代は要注意。頭痛専門医指導のもと、適切なマッサージを行わなければならないのです。

■『みんなの家庭の医学
【いま気をつけるべき病】
偏頭痛で病院に行かずに薬局に頼って症状が悪化
偏頭痛は対処を間違えると症状が悪化する頭痛
群発頭痛が原因と知らず頭痛薬を服用して悪化

■「頭痛」おすすめ記事
頭痛の種類と対処法がわかるチェックリスト
離婚している人に多い!?偏頭痛の原因と治し方
緊張型頭痛に隠された長引く頭痛の本当の原因
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?
几帳面すぎる性格が緊張型頭痛の原因だった
「偏頭痛」は原因となる生活習慣を改善する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事