ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

1週間で効果が出た夜間頻尿を改善する方法とは

夜におしっこがしたくて目が覚める夜間頻尿。夜間頻尿とは、睡眠中に排尿で1回以上目が覚めてしまうことを言います。夜間頻尿に悩む人の数は882万人。いまや国民病といっても過言ではないのが夜間頻尿を1週間で改善する方法を紹介します。『その原因、Xにあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
1週間で効果が出た夜間頻尿を改善する方法とは

夜間頻尿の改善方法を検証

夜間頻尿歴8年になる49歳の女性は、多いときには3回、少なくても1回は目が覚めるといいます。夜間頻尿が原因で寝不足となり、日中に眠くてたまらないという生活が続いて8年です。

実際に寝ている様子を見ていると、1時30分に就寝した女性はその53分後、早くも1回目のトイレに向かいます。その後も、3時30分ごろ、5時ごろ、7時すぎと、4回もトイレに起きていました。

この女性が、夜間頻尿の改善方法を検証します。夜間頻尿の改善方法は、ふくらはぎの下にクッションを置いて足を心臓より高く上げた状態で20分寝るだけ。これを就寝4時間前に行います。検証期間は1週間です。

夜間頻尿の改善効果に驚き

女性はふくらはぎの下にクッションを置く代わりに、ソファに横になってひじ掛け部分に足を乗せていました。これなら、いちいちクッションなどをセットする必要がないためお手軽に夜間頻尿を改善できるでしょう。

すると、検証1日目から早くも効果が現れました。この日の1回目のトイレは睡眠開始から4時間後。さらに4時間後、2回目のトイレに起きました。この日、夜間頻尿で起きた回数は2回。たった1日で検証前の半分に減少しました。

2日目には夜間頻尿はたったの1回に減少。そして5日目、一度も起きずにいられました。本人も、7時間くらいトイレに行っていないことに気づいて、夜間頻尿の改善効果に驚いたと話していました。

■「夜間頻尿」おすすめ記事
就寝4時間前の入浴で「夜間頻尿」が改善!
夜間頻尿の原因は心臓の機能低下かもしれない

■「尿」に関するおすすめ記事
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
イスに座って骨盤底筋を鍛えれば尿漏れ改善
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事