ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

潰瘍性大腸炎はまだ完治が難しい難病指定の病気

それまで何も異常がなかったのに、腹痛や下痢、発熱、貧血などさまざまな症状を引き起こすのが潰瘍性大腸炎。潰瘍性大腸炎はまだ完治が難しい難病指定の病気です。薬で治療していったんよくなっても、数年後に再発することもあります。『その原因、腸にあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
潰瘍性大腸炎はまだ完治が難しい難病指定の病気

潰瘍性大腸炎は免疫が過剰に働く

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症をおこす病気です。粘膜がただれて崩れ落ち、そこから出血している状態。潰瘍性大腸炎は、食べ物の影響や腸内細菌の影響などが複雑に絡み合っておこるといわれています。

潰瘍性大腸炎は免疫が過剰に働いてしまって、自分の大腸粘膜を自分で攻撃している状態。大腸は正常な機能を失ってしまいます。水分を吸収できずにおこる下痢をはじめとして、炎症による発熱や腹痛、大量出血による貧血、食欲不振による体重減少など、さまざまな不可解な症状が次々と襲ってくるのです。

さらに、もっとも心配なのは大腸がんの合併。潰瘍性大腸炎を長く患うほど、大腸がん発生リスクが高くなるからです。

潰瘍性大腸炎は完治方法が未確立

日本における潰瘍性大腸炎の患者数は16万人以上。毎年およそ1万人が発症して、年々増加している傾向です。いつ誰の身におこってもおかしくない病気が、潰瘍性大腸炎なのです。

ただし、潰瘍性大腸炎は、こう治療をすれば完全に治る…といったものではありません。薬で治療していったんはよい状態が続いていても、数か月から数年のブランクを空けて再発することもあります。

じつは潰瘍性大腸炎は、いまはまだ完治させる方法が確立されていない難病指定の病気です。原因不明のため治療法が不確定。このため、対症療法で症状を軽減することしかできないのです。

■「潰瘍性大腸炎の完治」おすすめ記事
完治しない潰瘍性大腸炎の治療に便移植が有効

■「潰瘍性大腸炎」おすすめ記事
高橋メアリージュンも悩んだ潰瘍性大腸炎の症状
潰瘍性大腸炎の症状に便移植の臨床試験が始まる
潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」
潰瘍性大腸炎の症状が「便移植」で改善した症例

■「大腸炎」おすすめ記事
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療

■「大腸」おすすめ記事
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
見逃すと危険!新タイプの「大腸がん」とは
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事