ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

高齢者の転倒防止には腸腰筋を鍛えることが大切です。しかし、腸腰筋の効果はそれだけではありません。腸腰筋がある場所はちょうど大腸周辺。腸腰筋を鍛えることは大腸を刺激することにつながるため、便秘解消に効果があるのです。便秘解消に効く腸腰筋の鍛え方を紹介します。



スポンサーリンク
腸腰筋の鍛え方で便秘が解消

便秘解消に効果のある腸腰筋の鍛え方

腸腰筋とは大腰筋と腸骨筋の総称。大腰筋は背骨と足の付け根、腸骨筋は骨盤と足の付け根を結んでいるインナーマッスルです。この腸腰筋を鍛えることは、便秘解消に効果があるのです。

1つめの便秘解消に効果のある腸腰筋の鍛え方は「その場もも上げ」です。立った姿勢で、ももと床が水平になる高さまで上げるというもの。ももを上げたとき、ひざの角度が直角になるようにします。上げた足と反対側の手の平で、上げたももにタッチしましょう。

腸腰筋の収縮を意識しながら左右交互にタッチして、それぞれ10回ずつ行えばOK。タッチするために常に一定の高さまでももを上げるので、運動の負荷を一定にすることができます。

腸腰筋だけでなく腹筋全体を鍛える

2つめの便秘解消になる腸腰筋の鍛え方は「ねじりバンザイ」です。肩幅の広さに足を広げて立ったら、いったん軽くひざを曲げて腰を落としたら、そこからゆっくりと上半身を右にねじりながらバンザイします。

ゆっくり動かすことで腸腰筋に常に負かをかけることが可能。体をねじることで腸も刺激されます。左右交互にそれぞれ10回繰り返してください。

3つめの便秘解消のための腸腰筋の鍛え方は「腹筋足文字」です。両手の指先を後方に伸ばすようにして手をつき、やや体重を後ろにかけた姿勢で床に座ってください。

両足をそろえたらかかとを床から離して、つま先でA~Eの文字を空中で描くのです。腸腰筋だけでなく、腹直筋や外腹斜筋など腹筋全体を鍛えることが可能。便を押し出す力を強くできるので、排便がスムーズになります。

■「腸腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

■「便秘」おすすめ記事
「便秘」は体に充満するガスが原因だった!
8時間以上の空腹が「便秘」を解消する秘訣
便秘の原因はただの思い込みかもしれない!?
便秘の人は「くも膜下出血」になりやすい!?
食物繊維のとりすぎで便秘がさらに詰まる理由
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事