ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「早食いは太る」はホント!その対策とは?

「早食いは太る」はホントでしょうか? じつはこれ「ホント」なのです。3月5日放送『駆け込みドクター!』の「解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?」で取り上げていました。



スポンサーリンク
diet03

空腹を満たされたという「満腹中枢」が脳にはあるのですが、これが働くために必要な時間は「20分」。早食いは、この20分にかなりの量を食べることに…。早食いは、満腹中枢が働く前に食べ過ぎて肥満につながります。

また、早食いによって急上昇する「血糖値」も問題。急激に上がる血糖値に対して「インスリン」という血糖値を下げるホルモンが大量に分泌されるのです。インスリンは、余った「糖」を脂肪として蓄える働きがあります。この意味からも、早食いは肥満につながるのです。

解決法としては「よくかむ」こと。お腹に食べ物が溜まる満腹感より先に、かむことで食欲を抑えるホルモンが作られます。よくかむことは、早食い防止だけでなく、食欲を抑えることにもつながるのです。

■3月5日放送『駆け込みドクター!』
【解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?】
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
基礎代謝の10%は「食べること」が貢献する
「1日3食を守らないと太る」はウソだった!!
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
運動は20分以上でなく「こま切れ」でもOK
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵

■「ダイエット」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事