ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「1日3食を守らないと太る」はウソだった!!

「1日きちんと3食を守らないと太る」はホントでしょうか? じつはこれ「ウソ」。じつは「子ども」と「大人」で考え方が違うのです。3月5日放送『駆け込みドクター!』の「解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
diet02

規則正しい生活をして3食を食べていて、何の問題もない人はそれでOK。ただし、1日3食が必要なのは「成長期の子ども」が栄養が足らなくなる目安でしかないのです。

そして、子どもは成長して大人になりますが、大人は成長する必要はありません。このため前日に食べ過ぎて胃がもたれているのに、翌朝に無理して朝食をとる必要はないのです。子どもには必要ですが、大人には必要ありません。

また、満腹感のあるときに食べるのが一番よくないこと。お腹が減ったら食べる…が基本です。とはいえ、空腹を我慢しすぎると「ドカ食い」になることもあります。これが「1日2食だと太る」といわれるゆえんです。

このため「分食する」というのも解決法の1つ。1日の総摂取カロリーを3~5回に分けて少しずつ食べるようにするのです。

■3月5日放送『駆け込みドクター!』
【解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?】
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
基礎代謝の10%は「食べること」が貢献する
「早食いは太る」はホント!その対策とは?
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
運動は20分以上でなく「こま切れ」でもOK
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵

■「ダイエット」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事