ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

基礎代謝の10%は「食べること」が貢献する

「摂取カロリーを減らすとやせられる」はホントでしょうか? じつはこれ「半分ホントで半分ウソ」なのだとか。3月5日放送『駆け込みドクター!』の「解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
diet01

食べるほうの摂取カロリーだけを減らしていくと、体はそれに合わせて使うカロリーを落としてしまいます。食べる量に合わせて消費カロリーも減らしていくので、摂取カロリーを減らすと結果的にやせにくい体になるのです。

「食べる・寝る・呼吸する」といった生命維持に必要な最小限のエネルギーが「基礎代謝」。この基礎代謝のうちの「10%」は「食事の消化・吸収活動」です。このため、食べないダイエットはこの10%の基礎代謝の消費カロリーが低下するということ。だからこそ、きちんと食べながらダイエットを行うことが大切なのです。

太る原因の1つである「基礎代謝の低下」をさせないように、きちんと食事を摂ることがやせる体作りには欠かせません。

■3月5日放送『駆け込みドクター!』
【解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?】
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
「1日3食を守らないと太る」はウソだった!!
「早食いは太る」はホント!その対策とは?
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
運動は20分以上でなく「こま切れ」でもOK
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵

■「ダイエット」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事