ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

筋トレの順番は下半身を一番最初にするのが基本

筋トレの順番は、下半身を一番最初にするのが基本です。筋トレは上下左右でバランスよく行うのがセオリーですが、その順番についてあまり考慮されないことがほとんど。なぜ筋トレの順番は下半身を一番最初にするべきか、その理由を詳しく解説していきましょう。



スポンサーリンク
筋トレの順番は下半身を一番最初にするのが基本

筋トレの順番は下半身→上半身→体幹

スポーツジムや自宅で行う筋トレは、全身をバランスよく鍛えようとするなら10種類前後のメニューが必要になります。そして、筋トレの順番として効率がよいのは「下半身→上半身→体幹」です。

筋トレメニューは、スクワットなどの下半身と腹筋運動などの体幹、腕立て伏せなどの上半身に分けられるもの。これらのパーツで、もっとも大きな筋肉は下半身です。全身の筋肉の約6割が集中しています。

大きな筋肉を動かすにはそれだけ、大きなエネルギーが必要です。すなわち、エネルギーが満ちている一番最初に、下半身を鍛えるのが正しい筋トレの順番なのです。

体幹を筋トレする順番は最後にする

また、腹筋や背筋といった体幹は、筋トレの順番としては最後に行います。というのも、上半身の筋トレでも下半身の筋トレでも、体幹は姿勢を維持するために働くからです。

このため、体幹を鍛える腹筋運動をやったあとに、上半身の筋トレである腕立て伏せをすると、腹筋が疲れていて正しいフォームで筋トレできません。筋トレの効果を最大化するには正しいフォームの維持が肝心。だからこそ体幹を筋トレする順番は最後にするのです。

筋トレの順番として最初に下半身、最後に体幹を配置すると、上半身は自ずとそのあいだに組み込まれます。この順番こそが効率的な筋トレ。だからこそ、筋トレの順番は下半身を一番最初に行うのです。

■「筋トレの順番」おすすめ記事
筋トレの順番は有酸素運動の前にするのが基本

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

■「順番」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事