ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?

イス代わり使うことで注目されているバランスボールですが、立派な筋トレツールにもなります。バランスボールで腹筋を鍛えるなら、クランチを試してください。バランスボール上で行えば、平らな床で行うよりも可動範囲が広がって、より大きなモーションで腹筋運動ができます。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?

バランスボールで腹筋を鍛えるやり方

バランスボールで腹筋を鍛えるのに効果的なクランチのやり方です。まずはバランスボールに背中を乗せて、体が床と水平になるようにしてバランスをとります。

手を頭の後ろで組んで、足を軽く開いたら準備完了です。この姿勢から、息を吐きながら腹筋を使って状態をおこします。そして、姿勢を戻すときには息を吸うのです。

バランスボールの腹筋クランチは15回×3セットが目安。バランスがとりにくい人はお尻の位置を下げて、バランスボールに寄りかかるようにしてクランチをするとよいでしょう。

バランスボールの腹筋クランチの負荷

バランスボールの腹筋クランチでは負荷が軽いという人は、足を閉じて試してください。足を閉じるだけでバランスボールのクランチの難易度がアップするのです。

逆にバランスボールが不安定で怖いという人は、上体をおこす角度を浅くすると安定感が出るかもしれません。壁に足を付けてクランチを行うと、バランスボールのグラグラ感がだいぶ安定するはずです。

バランスボールで腹筋を鍛えるクランチは、筋肉に対する刺激が強いのが特徴。平らな床で行うよりも少ない回数で強い刺激が得られるので、筋トレの時間も短縮できます。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事