ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋膜のシワがほぐれてもすぐにこる肩こりの原因

筋膜はこれまでまったく見向きもされていなかった体のパーツ。しかし、最近になって突然、肩こりの原因として急に脚光を浴びるようになりました。じつは、マッサージでほぐれてもすぐにこる肩こりの原因は固くなった筋膜にあるのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
筋膜のシワがほぐれてもすぐにこる肩こりの原因

筋膜が癒着してシワができる

解剖学の世界では、筋膜は筋肉を見るためには邪魔な存在。人体の筋肉を見る実習のとき、筋膜は筋肉にまとわりついて邪魔をする厄介者なのです。医学生に聞いても、なぜ存在しているか意味がわからないという人もいます

筋肉は数千から数万本の筋線維で形成されています。その筋線維がバラバラにならないよう束ねているのが筋膜です。ニワトリを丸ごとさばくときに、ささ身などを薄く覆っているのが筋膜になります。

単なる筋肉のコリであれば、筋肉をもみほぐし血流をよくすることで、やわらかい状態に戻るもの。しかし、この筋肉がこる状態を何度も繰り返すと、筋膜が癒着してシワができるのです。

筋膜のシワが肩こりの根本的な原因

じつは、この筋膜のシワがとても頑固。一度、癒着してしまうとちょっとやそっとでは取れません。そして、筋膜のシワがある限り、筋肉が引っ張られてコリになってしまうのです。肩こりの根本的な原因といえます。

これまで、筋肉のコリをほぐすために、筋肉をほぐすことばかりを考えてきました。しかし、筋膜が正常に戻らない限り、筋肉がいくらほぐれてもすぐにコリに戻ってしまうのです。

つまり、肩こりを治すには筋膜のシワを元に戻す必要があるといういうこと。筋膜のシワをなくさない限り、肩こりが治っては戻り治っては戻り…を繰り返すしかないのです。

■「筋膜」おすすめ記事
筋膜リリースのやり方をマスターして肩こり治療
ストレートネックの症状と固くなった筋膜の関係

■「肩こり」おすすめ記事
治らない肩こりの原因は目のズレだった!?
肩こりの原因は肩甲骨が背中側に移動したから!?
噛み合わせのずれが頭痛や肩こりの原因になる
TCHが肩こりの原因!舌に歯型があったら要注意
肩こりの原因は日本人2人に1人「隠れ斜視」かも
肩もみしても治らない肩こりは心臓が原因かも
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事