ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

膿栓の取り方はのどの奥の「うがい」が簡単

のどにできる白い粒「膿栓」は潰すと悪臭を放つ不思議な物体。じつはこの膿栓の放置が原因で、腎臓病などの重い病気になることがあります。膿栓ができる原因と、それが腎臓病を引き起こすメカニズム、そして膿栓の取り方を見ていきましょう。



スポンサーリンク
膿栓の取り方はのどの奥の「うがい」

膿栓の放置が原因で腎臓病になった

のどにできる膿栓を放置したことが原因で、腎臓病になってしまった女性の症例を見ていきます。最初は膿栓をのどにつかえた食べ物が腐ったことが原因かな…と軽く考えていました。しかし急に体調を崩して、1週間ほどのどの痛みが続いたのです。

のどの痛みが治りかけたころ突然、今度は血尿が出ました。慌てて病院で検査を受けたところ、なんと腎臓病という診断。しかも意外なことに、腎臓病はのどにできた膿栓と深い関係があったのです。

この女性、風邪をひくといつものどから…といいます。風邪で痛めるのは「扁桃」と呼ばれるところ。のどの両脇にある丸い部分です。右左に1つずつあって直径はおよそ3cm、表面がでこぼこしています。

膿栓の取り方はのどの奥のうがい

膿栓を1万倍に拡大すると細菌の塊

じつは膿栓は、扁桃のへこんだ部分に入っているのです。実際に膿栓を1万倍に拡大すると、その正体は細菌の塊でした。歯周病菌や大腸の悪玉菌などの仲間の菌。それらの細菌が集って卵が腐ったような臭いを発するのです。

空気中に存在するばい菌が口の中に侵入すると、扁桃にたどりつきます。扁桃は体を守る免疫器官。免疫細胞がばい菌の侵入を阻止しようとするのです。

免疫細胞がばい菌と戦っている証拠がのどの腫れ。いわゆる扁桃炎です。そして膿栓は、このばい菌の死骸の塊。膿栓自体にはとくに害のあるものではありません。膿栓は「臭玉」と呼ばれることもあります。

問題は、この膿栓が出る状態が長く続くことにあります。この扁桃で免疫細胞とばい菌との戦いが続くと、免疫系の異常をきたすようになるのです。


スポンサーリンク

膿栓が出るのは免疫システムの疲弊

扁桃は免疫を担うリンパ組織の一部です。リンパ組織は扁桃以外にも鼠径部やわきの下など全身にあります。

そして、全身のリンパ組織の中で、扁桃だけが体の外部に存在。このため、膿栓が出る状態が続くということは、免疫システムが疲弊しているということです。すると、免疫系の異常がおこりやすくなります。

免疫系の異常で、全身の免疫細胞がばい菌などの敵がいないのに攻撃を開始。腎臓や関節、肌荒れなどの症状を引き起こします。それが今回のような腎臓病を引き起こしてしまうのです。

膿栓の取り方はうがいが簡単

ここで膿栓の取り方を紹介しましょう。膿栓は耳鼻咽喉科で吸引して取り除くこともできますが、もっとも簡単な方法がうがいです。ただし普通のうがいでなく、わざとのどの奥まで水が届くようにします。

そして、吐き出すときにもコツが必要です。水をいったん吐いたあとに、のどの奥の粘膜に付いた汚れをこそげ取るイメージで、のどの奥のほうから唾液を出します。

このうがいを何度か繰り返すと、唾液に混じって膿栓が出てきます。膿栓が付着しているのはのどの奥の両脇。ここを刺激して唾液を吐き出すことで、膿栓を取り除くことができるのです。

■「膿栓」おすすめ記事
膿栓が原因の「掌蹠膿疱症」を治療する方法
臭い玉が原因となる「掌蹠膿疱症」の治療法
臭い玉の原因は細菌の塊…どうすれば治る?
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
臭い玉は口呼吸で発生する!!どうすれば治る?
「臭い玉」が細菌の死骸!それが口臭の原因だ
臭い玉の画像を拡大すると細菌の死骸が現われる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事