ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

悪性黒色腫のステージよる治療法の違いとは?

悪性黒色腫は20歳未満でも発症しますが、増えるのは50代から。もっとも多い年代は70代で、男女差はほとんどありません。増殖が早く転移しやすいことから、もっとも悪質な皮膚がんです。この悪性黒色腫のがんの進行ステージと、その治療法を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
悪性黒色腫のステージよる治療法の違い

悪性黒色腫のステージとは

悪性黒色腫は、すべてが悪性度が高いわけではありません。問題となるのは、腫瘍の深さです。

深さが1ミリ以下ならステージⅠ期の早期がん、それ以上厚いとⅡ期の軽症がんとなります。いずれも転移がないことが前提条件で、発生部位にもっとも近いリンパ節などに転移があればⅢ期の中期がん。それ以上に転移していればⅣ期の進行がんとなるのです。

悪性黒色腫は、しみのような色素が次第に大きくなって次第に色が濃くなり、だんだん深くなるものもあれば、初めから深いものもあります。進行速度は初めから深いもので、短期間で転移する悪性度の高いものです。

悪性黒色腫の治療方法とは

治療方法はステージごとに異なります。Ⅰ期は広範切除のみ、Ⅱ期の場合は切除後にインターフェロン注射などの補助療法が追加される場合があります。

Ⅲ期はⅡ期と同じですが、再発しやすいので定期健診が重要です。Ⅳ期はⅢ期の治療に加えて、転移してできた病変への治療が行われます。

これまでⅣ期の唯一の治療薬は、ダカルバジンという抗がん剤だけでした。とはいえ、タカルバジンは腫瘍が半分以上に縮小する奏効率が10%。10人に1人ということです。

■「悪性黒色腫」おすすめ記事
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
半数に効果!がんの新しい「免疫療法」申請
悪性黒色腫に画期的な新薬が登場していた!

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
鳥越俊太郎「直腸がん」を見つけたきっかけ
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法

■「皮膚」おすすめ記事
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事