ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

異所性細胞は肥満体型でなくても付いてしまう

本来的に溜まってはいけない場所に付くのが「異所性脂肪」。この異所性脂肪には恐ろしい特徴があります。見た目が肥満体型でなくても、また体重が以前と変わらなくても、病気を引き起こす異所性脂肪が溜まっているかもしれないのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
異所性細胞は肥満体型でなくても付いてしまう

異所性細胞は最後に溜まるもの

異所性脂肪は太っているから多いというわけではありません。むしろ痩せていて、皮下脂肪にしっかり脂肪を溜めることができないために、異所性脂肪が多い場合があるのです。

すなわち、見た目が肥満体型でなくても、また体重が以前と変わらなくても、病気を引き起こす異所性脂肪が溜まっているかもしれないのが異所性脂肪の特徴。異所性脂肪は知らず知らずのうちに付いてしまうのです。

脂肪の溜まり方には順番があります。最初に皮下脂肪、次に内臓脂肪、そして最後に異所性脂肪が溜まるもの。ただし、皮下脂肪が溜まる量というのは非常に個人差が大きいものです。

異所性脂肪はあふれたピンポン玉

太っているからといって必ずしも皮下脂肪が多いわけではありません。暴飲暴食をするのにあまり太らない人がいますが、そういう人は皮下脂肪に溜めることができる量が少ないのです。

脂肪が体に溜まっていくメカニズムはピンポン玉と器に例えられます。ピンポン玉を脂肪、皮下脂肪を溜める器が茶碗や丼と考えます。皮下脂肪を溜められる量は、人によってさまざまだからです。

茶碗と丼にピンポン球を同時に入れると、もちろん茶碗のほうが先に入りきらなくなってあふれ出します。ここで器からこぼれた脂肪が、最終的に異所性脂肪となってしまうのです。

■「異所性脂肪」おすすめ記事
異所性脂肪はさまざまな病気を引き起こす原因
脂肪肝の原因は場違いな部位に溜まる異所性脂肪
異所性脂肪が筋肉と置き換わっているかチェック
急性心筋梗塞の原因は心臓の異所性脂肪だった
狭心症の原因は心臓のまわりに付いた異所性脂肪
皮下脂肪を落とすことで異所性脂肪は確実に減る
フラダンスのステップが異所性脂肪に効く理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事