ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

血糖値を下げるのに食前キャベツが効果的な理由

血糖値を下げるなら「食前キャベツ」がおすすめです。食前キャベツは食事の前に10分間、生のキャベツをよくかんで食べるだけ。なぜ血糖値を下げるのに食前キャベツが効果的なのでしょうか? 食前キャベツが血糖値を下げるのメカニズムを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
血糖値を下げるのに食前キャベツが効果的な理由

血糖値を下げる食前キャベツ

食前キャベツのやり方は食事の前に10分間、生のキャベツをよくかんで食べるだけです。食前キャベツは、朝・昼・晩の3食の前に食べるのが理想ですが、大変であれば夕食前だけでもかまいません。これで血糖値を下げることができます。

1回に食べるキャベツの量は1玉の6分の1個ほど。ポイントは、生のまま10分間かけてゆっくりかむことです。この食前キャベツが血糖値を下げるのには、大きく2つの理由があります。

血糖値を下げる1つめの理由は、満腹中枢が刺激されることです。10分間キャベツをかみ続けることで満腹中枢を刺激。キャベツを食べるときは、タイマーをセットしてちゃんと10分経過したかを測定するとよいでしょう。。

血糖値を下げるメカニズム

満腹中枢が刺激されると、食事量を減らすことが可能。結果的に摂取する糖質が減るために、血糖値を下げることができるのです。胃に食べ物が入った情報が脳の満腹中枢に到達する時間が10分。しっかり10分間かみ続けましょう。

血糖値を下げる2つめの理由は、キャベツに含まれる食物繊維の効果です。食前キャベツで食物繊維が小腸の粘膜に吸着。小腸に到達する糖質の吸収を穏やかにします。血糖値の急上昇を防いで、血糖値を下げることができるのです。

これが食前キャベツが血糖値を下げるメカニズム。生のキャベツにはビタミンCが豊富に含まれているため美肌効果もあります。血糖値を下げる必要がなくても、食前キャベツはトライする価値があるのです。

■「血糖値を下げる」おすすめ記事
血糖値を下げる糖尿病治療「食前キャベツ」とは?
チャーシューメンを食べて血糖値を下げる方法
血糖値を下げるヒートショックプロテイン入浴
血糖値を下げるには太ももを鍛えるのが一番
ヨーグルトが分離した「ホエイ」血糖値を下げる
血糖値を下げる方法は「筋肉を動かす」ことだった
膵臓の働きはインスリン製造と血糖値のモニター

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事