ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

汗をかくダイエット3原則で40キロ減に成功!!

汗をかくダイエットなら痩せる汗をかくことが大切です。そこで、汗腺を鍛えながら効率よく汗をかいてやせられる「汗をかくダイエット3原則」をお教えしましょう。『あの日に帰りたい9』の「ダイエット新常識で大変身SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
汗をかくダイエット3原則で40キロ減に成功!!

汗をかくダイエット「手足高温浴」

汗をかくダイエットの1つめは自宅でできる「手足高温浴」です。これは42度と熱めのお湯に、ひじから先とひざから下を10~15分つける入浴法。手足の汗腺を高温の熱刺激でトレーニングします。

基本的には、湯船に熱いお湯を少なめにはって四つん這いで入浴。浴槽が狭かったら湯船に椅子を置いて座り、少し前かがみで手先をお湯につけるよいでしょう。

なお、お風呂上りは水分補給しながら汗をかくことと、自然乾燥させるのがポイント。クーラーで一気に体を冷やしてはいけません。

汗をかくダイエット「豆乳くず湯」

汗をかくダイエットの2つめは「豆乳くず湯」です。くず粉にはくずを原料とする葛根湯と同じく、発汗を促進する作用があります。

さらに豆乳の原料である大豆には、女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンを含有。じつは女性ホルモンには、汗腺機能を調節する働きがあるのです。

豆乳くず湯の作り方は、くず粉をぬるま湯でよく溶かし、そこに豆乳を注いで電子レンジへ。固まらないように途中で取り出して、混ぜながら温めます。とろみが出たらでき上がりです。


スポンサーリンク

汗をかくダイエット「耳ヨガ」

汗をかくダイエットの3つめは「耳ヨガ」です。指2本を使うだけの簡単ヨガ。耳は全身の血液や神経が集中しているといわれています。耳をこすることで全身の血行がよくなり、冷えが改善されるのです。

汗をかく耳ヨガの方法は、人差し指と中指で耳を挟みます。そして、上下にすばやく1分以上こするだけ。ポイントは息を強く吐きながら行うこと。実際にやってみると、全身がポカポカしてくるはずです。

汗をかくダイエット3原則を、実際に汗をかきにくかった28歳の女性がトライ。105kgあった体重が65kgまでダウン。汗をかくダイエットでマイナス40kg減できたのです。

■「汗」おすすめ記事
冷や汗の原因が不明なら無痛性心筋梗塞かも
心筋梗塞の症状の特徴は原因不明の「冷や汗」
手汗は局所多汗症!交感神経を切断すれば治る
汗腺トレーニング「いい汗」かく3ステップ

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事