ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

泥のように眠るための入浴は半身浴でなく全身浴

泥のように眠るためのキーワードの1つが「入浴」です。泥のように眠るためには、じつは半身浴よりも全身浴のほうがベター。しかも、泥のように眠るためには入浴してすぐに眠るのもよくありません。また、入浴後にいざ眠るときのパジャマの着方にも泥のように眠るためのポイントがあります。



スポンサーリンク
泥のように眠るための入浴は半身浴でなく全身浴

泥のように眠るための入浴は全身浴

泥のように眠るための入浴は半身浴より全身浴がおすすめです。ここでポイントになるのは、浮力によるリラックス効果。半身浴より全身浴のほうがお湯に浮いた状態となり、リラックス効果が高くなります。

すなわち泥のように眠るためには、首までつかって浮力に任せて重力の影響を受けないようにしましょう。泥のように眠る方法としてだけでなく、筋肉の緊張もほぐすので肩こり解消効果も期待できます。

なお、泥のように眠る方法としてよく推奨されるのが、眠る直前の入浴。しかし、泥のように眠るためには、寝る前に体と脳の温度を下げることが重要です。眠る直前に脳の温度を上げてしまうと脳が冷えないためよく寝付けません。

泥のように眠る入浴後のパジャマ

泥のように眠るためには、眠る3時間前の入浴がベストタイミング。いったん上がった脳の温度が3時間かけて徐々に下がっていくことで泥のように眠れるのです。

泥のように眠るためには、入浴後のパジャマの着方にもポイントがあります。それはパジャマの上着のすそをインすること。その理由は寝返りがうちやすいからです。よい寝返りがうてることが、泥のように眠るための条件になります。入浴後のパジャマの上着は必ずインするようにしましょう。

パジャマ代わりにパーカーを着るのはNG。首が苦しくなったり寝違えたりして、よく眠れなくなる可能性があります。首周りはスッキリしたもので寝ることが、泥のように眠るためには欠かせません。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事