ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

持久力が手のひらを冷やすだけでアップする理由

持久力を上げるための驚きの方法があります。それは運動の合間に手のひらを冷やすこと。これだけで、持久力がアップして運動パフォーマンスが向上することがわかったのです。なぜ手のひらを冷やすだけで持久力がアップするのか、そのメカニズムを見ていきましょう。



持久力が手のひらを冷やすだけでアップする理由

持久力がアップするか検証した実験

運動をすると体温が上昇するのはご存じのとおり。そして、体の奥の体温である深部体温が40度を超えると、体は限界を感じて動けなくなってしまいます。ここで運動の合間に手の平を冷やすと、深部体温が下降するのです。

じつは頬や手の平、足の裏など体の末端部分は、体にこもった熱を逃がす働きがある部位。深部体温を下げることによって、よい運動が維持できるというわけ。結果的に、運動パフォーマンスの向上につながり持久力もアップするわけです。

ここで、手の平を冷やすだけで持久力がアップするか検証した実験を見てみましょう。まず男女4名が30秒間に何回腕立て伏せができるかを計測。次に、10~15度の冷たい水で手の平を冷やします。

手の平を冷やすことで持久力アップ

そして再び、腕立て伏せを30秒間実施。すると、4人中3人の回数がアップしたのです。そのうち2人は6回も多くなっています。被験者自身も、疲れが軽減された印象だったと話していました。

同様に、30秒間で反復横跳びが何回できるかでも持久力がアップするかを検証。5分間、手の平を冷やしたあとは、全員の回数が増えたのでした。

とくに手の平は表面積の大きい部位。冷やすことで熱が放出され、冷やされた血液が体の中心部へ戻ります。すると、深部体温を効率よく下げてくれるのです。こうすることで、体が限界を感じるまでの時間が長くなります。つまり、手の平を冷やすことで持久力がアップするということ。運動パフォーマンスも向上します。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事