ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ドローイン効果を高める歩きながらお腹へこませ

ドローインとは、お腹をへこませた状態をキープするエクササイズ。ドローインは、お腹のインナーマッスルである腹横筋を鍛える効果があります。腹横筋はお腹を内側から細くしてくれる筋肉。このため、ドローインはお腹痩せに効果があります。そんなドローイン効果を高めるなら歩きながらのお腹へこませです。



ドローイン効果を高める歩きながらお腹へこませ

ドローインの効果を最大化する方法

年をとるにつれて、いくらお腹痩せエクササイズをしても効果が出なくなるもの。その原因は内臓下垂にあります。内臓下垂はお腹のインナーマッスルである腹横筋が弱っているためにおこる現象です。

このため、腹横筋を鍛えるドローインにはお腹痩せに効果があります。そんなドローインの効果を最大化する方法が、歩きながらお腹へこませです。歩きながら息を吐き切ってお腹をへこませて、呼吸は普通に続けます。

そして、腹筋と背筋に力を入れて背筋を伸ばして歩くのです。前へ進むときは、後ろ足で腰を前に押し出すイメージ。このとき、後ろ足の付け根が伸びていれば正しいフォームです。

ドローイン効果アップに点字ブロック

実際にやってみると、歩きながらお腹へこませは立ったままのドローインよりも効果的に腹横筋が鍛えられていることがわかるでしょう。お腹をへこませたまま歩く距離が長いほど、ドローイン効果は高まります。

歩きながらお腹へこませのドローイン効果を、さらにアップするのが点字ブロックです。ドローイン状態で歩くときに、歩道に設置されている表面がボコボコとなっている視覚障害者誘導用ブロックの上を選びます。

実際に歩いてみると、平坦な道よりも腹横筋を鍛える効果が高くなっているはず。足元が不安定なために、より細かな刺激が腹横筋に加わるわけです。歩道や駅構内を歩くときは、利用者の邪魔にならないようにして点字ブロックを活用。ドローイン効果をアップさせましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事