ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

脇腹の筋トレは立ったままやるアイソメトリクス

気づくと溜まっている脇腹のたるみを解消するなら筋トレするのが一番。筋トレといっても、それほど仰々しいものではありません。脇腹の筋トレは立ったままでOK。しかも、アイソメトリクスという激しい動きを伴わない方法で、十分に脇腹は筋トレできます。立ったままやる脇腹の筋トレを見ていきましょう。



スポンサーリンク
脇腹の筋トレは立ったままやるアイソメトリクス

アイソメトリクスによる脇腹の筋トレ

お腹の中でも脇腹は、あまり使う機会のない部位。気づいたら余分な脂肪がついていた…という人も多いでしょう。そこで、立ったまま手軽に脇腹を筋トレする方法を紹介しましょう。

脇腹の筋トレといえば、床に仰向けになって行う腹筋運動にひねるを加えるメニューが一般的です。とはいえ、床に横になる筋トレメニューは、時間や場所がどうしても限られてしまいます。

しかし、アイソメトリクスによる脇腹の筋トレなら立ったままでOK。オフィスや自宅で、ちょっとしたすきま時間を見つけて筋トレできます。さっそく、アイソメトリクスによる脇腹の筋トレのやり方を見ていきます。

脇腹の筋トレはねじって5秒間キープ

まず立った姿勢でコブシを握ったら腕を上げて、コブシの小指を首の後ろに当ててください。ひじは耳より高い位置にキープします。そして、右足を一歩前に出して、鼻から息を吸っておなかをへこませてください。

この体勢から、口から息を吐くのと同時にゆっくりと右脇腹に力を入れながら、体を左向きにねじって5秒間キープ。雑巾をぎゅっと絞るイメージで、右上から斜め下にねじりながら潰すのがポイントです。

猫背になると効きめが半減するので、背筋を伸ばして行ってください。その後は、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻ります。これを左右10回ずつ行ってください。アイソメトリクスによる脇腹の筋トレは、1日3セット行うと効果的です。

■「脇腹」おすすめ記事
急性膵炎の症状は左わき腹の痛みで見分けられる

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事