ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法

ぽっこりお腹を解消するならアイソメトリクスが効果的です。というのも、ぽっこりお腹の根本的な原因は内臓下垂にあります。内臓下垂はお腹のインナーマッスルを強化すれば治るもの。そして、アイソメトリクスならインナーマッスルを誰でも簡単に鍛えられるのです。



スポンサーリンク
アイソメトリクスでぽっこりお腹を解消する方法

アイソメトリクスでインナーマッスル

さっそく、ぽっこりお腹を解消するために、アイソメトリクスでインナーマッスルを鍛える方法を紹介しましょう。まず椅子に浅めに座ったら、背筋をまっすぐ伸ばしてください。そして、片方のひざに両手を置きます。

この体勢から両手でひざを下に押す圧力をかけながら、5秒かけてゆっくり足を上げるのです。上げきったら今度は、5秒かけてゆっくり戻します。肩のラインを水平に保つようにして上体を傾けないようにするのがポイントです。

片足を5回やったら、続けて反対の足を5回行います。アイソメトリクスでインナーマッスルをぽっこりお腹を解消するなら1日3セット。どこでもインナーマッスルが鍛えられるので、すきま時間をうまく活用しましょう。

アイソメトリクスで内蔵下垂を解消

このアイソメトリクスで鍛えられる筋肉は、おもにアウターマッスルである腹直筋と外腹斜筋、インナーマッスルである内腹斜筋と腹横筋です。このうち、インナーマッスルには内臓の正しい位置に固定するという役割があります。

ところが、インナーマッスルが弱ってくると内臓下垂が発生。骨盤の位置まで内臓群が下がってきてしまうのです。ぽっこりお腹を形作っているのは、下垂した内臓群なのでした。

そんな内臓下垂を解消するインナーマッスルを手軽に鍛えられるのがアイソメトリクス。アイソメトリクスは静的筋トレと呼ばれるほど、激しい動きを伴いません。オフィスや通勤中の電車などで実践できるのが魅力です。

■「アイソメトリクス」おすすめ記事
アイソメトリクスは7秒間だけ筋肉に力を入れる
アイソメトリクスの腹筋運動は通常の5倍の効果
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事