ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

バランスボールで腹筋を鍛える基本3ポーズとは

不安定なバランスボールは、座っているだけで腹筋が鍛えられて基礎代謝がアップ。知らないうちにダイエット体質になれる魅力的な腹筋を鍛えるツールです。そこで、バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットの効果を高めるための、基本となる3ポーズを紹介しましょう。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛える基本3ポーズとは

バランスボールで腹筋を鍛える

バランスボールに座るだけで下腹部は鍛えられますが、腹筋を鍛えるには負荷が足りません。そこで、バランスボールで腹筋を鍛える基本3ポーズを紹介します。まずは1つめの腹筋を鍛える基本ポーズです。

バランスボールの上に座ったら、ひじをしっかり張って頭の後ろで両手を組みます。これがスタートポジション。そして、骨盤から下半身は固定させたまま、上半身を右にゆっくり倒すのです。

スタートポジションに戻ったら、今度は左に傾けます。左右それぞれ10回ずつ行いましょう。ポイントは上半身を倒した側の脇腹が縮み、同時に反対の脇腹が伸びていることを意識するのがことです。

バランスボールを腹筋で持ち上げる

2つめの腹筋を鍛える基本ポーズは、床に仰向けになって両手を軽く開いたら、バランスボールに脚を乗せた状態がスタートポジション。骨盤、ひざ、足首はすべて90度に曲げます。

スタートポジションからボールをお尻とかかとに挟んで持ち上げるのです。このとき、腹筋に力を入れて腰が浮かないようにするのがポイント。腹筋と太ももの後ろを引き締めます。目安は10回です。

3つめの腹筋を鍛える基本ポーズは、2つめの基本ポーズと同じスタートポジション。ここで腹筋と太もも裏に力を入れて、お尻をゆっくり持ち上げて下ろすのです。ポイントは、かかとでボールをたぐり寄せるようにすること。このメニューも目安はも10回です。

■「バランスボール腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事