ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

バランスボールの腹筋メニューで腹斜筋を強化

わき腹の腹筋である腹斜筋を鍛えるなら、バランスボールを使うのが効果的です。バランスボールの弾む特性を利用することで、腹筋をより効率的に鍛えられます。そこで、バランスボールの腹筋メニューのなかでも、わき腹の腹斜筋を鍛える方法を2つ紹介しましょう。



スポンサーリンク
バランスボールの腹筋メニューで腹斜筋を強化

バランスボールの腹筋メニュー1つめ

バランスボールの腹筋メニュー1つめは、ボールの上に横向きになって骨盤を乗せて、足を伸ばしたら準備完了です。はじめはパートナーに足を支えてもらいましょう。慣れてきたら壁に足をつけて1人で行うこともできます。

両手は胸の前で合わせて合掌のポーズをとったら、骨盤をバランスボールに押し付けながら、天井に向かって手をまっすぐに伸ばすのです。5秒キープしたら、ゆっくり元の姿勢に戻ってください。

この腹筋メニューのポイントは、腹斜筋を縮める意識で天井に向けて伸び上がること。骨盤をまっすぐ押し付けて真上に伸び上がらないと、バランスボールが転がってしまいます。

バランスボールの腹筋メニュー2つめ

バランスボールの腹筋メニュー2つめは、仰向けになってひざを軽く曲げて両膝でバランスボールを挟んだら準備完了です。

腕を胸の前でクロスさせたら、ボールを浮かせないように注意しながら、胸が片側の膝に向くように体をひねり上げるのです。胸は高く上げる必要はありません。肩甲骨全体が床から浮き上がる程度です。

この動きを左右交互に行います。この腹筋メニューのポイントは、腹斜筋や腹筋上部以外の筋肉をなるべく脱力すること。バランスボールが下半身の反動を抑えてくれるので、骨盤を正しい位置に保ちながら腹筋を鍛えられます。

■「バランスボール腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事