ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

体の歪みを改善するシンメトリーなスクワット

体の歪みはふだん無意識に行っているさまざまな行動によって引き起こされています。体の歪みを改善するには、まずそこに気づくことが第一歩。そんな体の歪みを改善する動きがシンメトリーナなスクワットです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
体の歪みを改善するシンメトリーなスクワット

体の歪みを改善するポイントとは

体の歪みを改善するポイントは、シンメトリーな動きをすることでバランスが崩れていることに気が付くことが大切。私たちは日常生活の中で、ほとんどはシンメトリーではない体の使い方をしています。

その好例が、気づいたら2拍子で歩いてしまうことでしょう。そして、シンメトリーでない動きをしていることに気づくことが、体のリセットボタンを押すことになるのです。あえて3拍子で歩くようにすると体の歪みが改善します。

そして、体の歪みがリセットされれば背骨が正しいカーブを描くようになります。背骨付近には自律神経も通っているため、体のいろいろなところによい効果があるのです。

体の歪みが確認できるスクワット

シンメトリーな姿勢でシンメトリーな動きで体の歪みを確認できるのが「コーナースクワット」。壁に囲まれたコーナーにお尻をつけて立ち、足を肩幅よりやや広めに開きます。足首を壁と平行にして、ひざから下を壁につけるのです。

コーナースクワットはこの体勢から座るようにしてひざを曲げ、そしてまた元の位置に戻るだけ。ポイントは両足を左右対称に壁につけること。ひざから下が壁についているか確認しながら行います。

注意点は、スクワット中にひざが壁から離れないように気を付けること。ひざが離れてしまう場合、体の歪みがある証拠です。コーナースクワットは朝昼晩の1日3回、5回ずつ行うだけで効果があるでしょう。

■「体のゆがみ」おすすめ記事
姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
ラジオ体操の効果で体のゆがみをリセットする
大腰筋トレーニングにノルディックウォーキング
ノルディックウォーキングで体のゆがみリセット
体のゆがみを10秒でチェックする方法とは?
体のゆがみを治す肩と骨盤のストレッチ方法とは
ノルディックウォーキングで体の歪みが解消する
体の歪み改善で減量できるノルディックスキップ
体の歪みが簡単に改善するねじり体操のやり方
体の歪みをリセットする「3拍子歩き」のすすめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事