ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

体のゆがみを10秒でチェックする方法とは?

体調不良の原因となる「体のゆがみ」を家で簡単にチェックする方法があります。ほんの10秒もあればチェックできます。体のゆがみの正体は体の筋肉のバランスの悪さにあるのです。『主治医が見つかる診療所』の「体の“ゆがみ”リセット法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
体のゆがみを10秒でチェックする方法

体のゆがみをチェックする方法

現代人は座っている時間が長くなったり、歩かなくなったりと、便利になりすぎています。トイレなど座っていればぜんぶ終わってしまうほど。このため、体の中のインナーマッスルがかなり弱くなってしまっています。

加えて、左右のバランスも崩れやすい環境です。片方だけでカバンを持ったり、片方だけで足を組んだりという生活習慣で、ますますバランスが悪くなります。こうして、現代人は体のゆがみを抱えてしまうのです。

そこで、自分の体のゆがみをチェックしてみましょう。家で簡単に体のゆがみをチェックする方法は、壁に背中をぴったりつけて立った状態で、足を片方ずつ上げるというもの。ほんの10秒もあればチェックできます。

体のゆがみがチェックできる理由

体のゆがみは、体幹を固定した状態で股関節を動かして足を上げるという動作でチェックすることができます。というのも、多くの人は足を上げる動作をするとき、上体を前や後ろに倒して体をゆがめて行っているのです。

頭からかかとまでを壁に付けて固定してしまうと、ふだん体をゆがめて使っている人は足を上げるのが難しくなります。これが体のゆがみがチェックできる理由です。

このチェック方法で、片方だけ上がらない人は、上がらないほうとは逆側のインナーマッスルが弱いということ。右足を上げるときには、左側のインナーマッスルが体を支えているからです。

このように体のゆがみの正体は、体の筋肉のバランスの悪さにあります。なかでも、インナーマッスルが正しく働いているかどうかがポイントです。

■主治医が見つかる診療所
【体の“ゆがみ”リセット法】

姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
ラジオ体操の効果で体のゆがみをリセットする
大腰筋トレーニングにノルディックウォーキング
ノルディックウォーキングで体のゆがみリセット

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事