ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

更年期の症状を緩和するタッチケアのやり方とは

スウェーデンで生み出された「タッチケア」は、じつは更年期の症状を緩和する効果があります。実際、更年期の症状を緩和したという実験結果も報告もあるほどです。そんな更年期の症状を緩和するタッチケアのやり方を紹介しましょう。『あさイチ』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
更年期の症状を緩和するタッチケアのやり方とは

更年期の症状にタッチケアが効果的

タッチケアは、更年期の症状や月経痛にも効果的という実験結果も報告されています。いったいなぜ、そんな作用が生まれるのでしょう。

そこで背中に10分、両足にそれぞれ10分ずつタッチケアしたときの体の表面の温度を測定してみました。すると、タッチケア開始時には31.5度だった体表の温度が、5分後には33.5度まで上昇したのです。

これはタッチケアによって副交感神経が優位となり、抹消の血液循環が促されたことが原因。このことが、更年期の症状などの緩和につながります。

更年期の症状のほか睡眠障害も緩和

実際のタッチケアのやり方は、相手の背中を両手で触れるというものです。手を密着させて、手が吸盤になったようにピターッと相手の背中に付くようにします。

タッチケアは通常のマッサージとは異なり、力をまったく入れていません。こうした心地よい刺激によって脳内のオキシトシン分泌が促進されて精神的に安定。副交感神経が優位になると考えられています。

実際、タッチケアは老人ホーム施設でも活用され始めています。タッチケア導入の目的は更年期の症状の緩和ほか、高齢者の心の安らぎや睡眠障害などの緩和です。さらに、スタッフとのよい関係作りにも役立つといいます。

■「更年期の症状」おすすめ記事
更年期の症状「ホットフラッシュ」の原因と対策

■「更年期」おすすめ記事
更年期障害と甲状腺の異常を見分ける方法!
更年期高血圧を放置する本格的な高血圧症に!!
狭心症の原因は心臓でおきる更年期障害だった
熟年離婚が更年期障害によって増えている!?
池上季実子の更年期障害…ホットフラッシュ
更年期障害による熟年離婚が増えている現実

■「タッチケア」おすすめ記事
タッチケアが医療や福祉の現場で注目されている

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事