ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ウイルス性イボは液体窒素療法で気長に治療する

治らないニキビはウイルス性イボかもしれません。治し方を間違えると、治らないどころか大増殖させてしまうこともあるのです。ニキビとウイルス性イボの見分け方や治療法、予防法を詳しく見ていきます。『ためしてガッテン』の「治らないニキビの正体」で紹介されていました。



スポンサーリンク
ウイルス性イボは液体窒素療法で気長に治療する

ウイルス性イボに4年間も苦しんだ

ウイルス性イボの治療法を誤ったがために、大増殖させてしまった東京都に住む主婦がいます。若いころからニキビができやすいものの、対策をすればすぐ治るのが通常でした。

いつもと違うニキビは発見したのは8年前。いつものように保湿クリームを塗って、肌の乾燥を防ぐことにしました。しかし翌日、ニキビが増えていたのです。これ以上は増えないでほしいと、知人から勧められたアロエの果肉をすり付けてみました。

しかし、必死のお手入れにもかかわらず、頬全体に正体不明のブツブツが広がってしまったのです。子どもからは「いつ治るの?」と聞かれるほど。結局、この主婦はウイルス性イボに4年間も苦しみ続けたといいます。

ウイルス性イボとニキビの見分け方

このウイルス性イボとニキビはどのように見分ければよいのでしょう? ニキビは毛穴が詰まっておこるもの。最初は白い色をしていて、そのあとに炎症がおこって赤くなるのが通常です。

一方のウイルス性イボは、ウイルスが傷から感染しておこるもの。患部は肌に近い色です。ただし、1年以上放置してしまうと、メラニン色素が沈着してしまい、イボが治ってもシミだけ残ってしまう場合もあります。

両者は形でも見分けることが可能。ニキビは毛穴が詰まって炎症をおこすので丸いのが特徴になります。しかしウイルス性イボは感染してくものなので、だ円だったり線状だったりといろいろな形をとるのです。そして、ウイルス性イボは痛くもかゆくもありません。


スポンサーリンク

ウイルス性イボは長期間の治療が必要

ウイルス性イボの治療に使われるのは、一般的に液体窒素療法です。マイナス196度で凍らせると細胞は膨張し、それを溶かすと収縮します。この繰り返しによって細胞を破壊して、イボをなくしていくというものです。

液体窒素療法は、1回で治る人もいれば完治に数か月かかる人もいます。ウイルス性イボは長期間の治療が必要であることは覚悟しなければなりません。

ウイルス性イボの予防については、しっかり手を洗うことが基本です。家族にウイルス性イボができたら、肌を触れ合ったりタオルを共有したりするのを避けましょう。電車のつり革を触ってもウイルス性イボは感染することがあります。外出したら手をきれいに洗うことを心がけることが大切です。

■「ウイルス性イボ」おすすめ記事
「尋常性疣贅」はウイルス性のイボで治る病気

■「イボ」おすすめ記事
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない

■「ニキビ」おすすめ記事
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった

■「皮膚」おすすめ記事
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
ほくろ毛を抜いてはいけない理由と大仏の関係

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。