ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

痛風の原因「尿酸」はじつは体にいい物質だった

痛風の原因として知られる「尿酸」。尿酸の血液中の濃度が上昇すると、尿酸は体の中に蓄積して結晶に変化して関節の内面に付着します。痛風の原因はこの結晶がはがれ落ちておこる炎症です。しかし、値が基準値以下であれば痛風の原因である尿酸は体にいい物質なのでした。



スポンサーリンク
痛風の原因「尿酸」はじつは体にいい物質だった

痛風の原因となる尿は体にいい物質

じつは、尿酸には「抗酸化作用」があります。アンチエイジングなどでよく耳にする抗酸化作用は、がんを防いでくれるなど私たちの体を守ってくれる大切な役割をはたすものです。

私たちの体には、老化や病気の原因にもなる活性酵素を消去する物質がいろいろ存在します。尿酸はそのなかでも一番濃度が高く、活性酵素を消去する重要な役割をはたしているのです。

このため、尿酸は腎臓でろ過されて老廃物となりますが、それを腎臓内で回収するという現象によって血液に取り込まれます。痛風の原因となる尿酸ですが、本当は体にいい物質だったのです。

基準値を超えてしまうと痛風の原因

とはいえ、尿酸値は高いほうが抗酸化作用がよく効くというわけではありません。それは尿酸値が高いラットと通常のラットで、血管の断面がどのように違うのかを見れば一目瞭然です。

尿酸値を上げたラットは、血管の内側が分厚くなった状態。そして、血液が流れる部分が異常に細くなっています。これは尿酸値が高いと、血管の細胞が尿酸を多く取り込んでしまう現象によるもの。細胞が刺激されて炎症をおこすなどして血管自体が分厚く変化してしまうのです。

尿酸値の基準値以下であれば抗酸化作用の働きをしてくれる体にいい物質ですが、基準値を超えてしまうと血管が動脈硬化に近い状態になる体に悪い物質。もちろん、痛風の原因にもなります。尿酸値が高くなりすぎなければ、尿酸はとてもありがたい物質なのでした。

■「痛風の原因」おすすめ記事
痛風の原因「尿酸」は体に欠かせない物質だった

■「尿酸」おすすめ記事
高い尿酸値は命に関わる病気だった – ためしてガッテン
「果糖」が尿酸値が下がらない原因 – ためしてガッテン
同じ尿酸値なら女性のほうが危ない – ためしてガッテン
痛みがなくても尿酸は蓄積している!! – ためしてガッテン
基準値超えは「高尿酸血症」という病気 – ためしてガッテン
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!
尿酸はビタミンCの代わって抗酸化作用を担う

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事