ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

痛風の原因「尿酸」は体に欠かせない物質だった

高齢者に多い関節痛である「痛風」の原因は「尿酸」という物質です。尿酸の結晶は、尿酸が冷えて固まるときにできるもの。このため、足の先など体の冷えやすいところにできやすいのです。とはいえ、その結晶が関節に貼り付いたままなら問題なし。痛風の原因は、尿酸の結晶がはがれ落ちて炎症をおこすことにあるのです。



スポンサーリンク
痛風の原因「尿酸」は体に欠かせない物質だった

痛風は尿酸の結晶がおこす炎症が原因

何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、尿酸は体の中に蓄積して結晶になります。そして尿酸の濃度が高い状態が続くと、この結晶が関節の内面に付着することに…。痛風はこの結晶がはがれ落ちて、炎症をおこすことで発症するものです。

尿酸の結晶は白い粉末状。じつは多くの人が目にしたことがあります。それは「鳩のフン」。鳩のフンに白いものが混じっているのは、それが尿酸の色だからです。つまり尿酸は老廃物。人間も尿と一緒に排泄しています。

尿酸というのは、いったん腎臓でろ過されて老廃物となります。しかし、それを腎臓内で回収することで血液に取り込まれるのです。腎臓でろ過されて廃棄されるはずの尿酸が、その腎臓によって回収されているのでした。

尿酸はよい面と悪い面を持つ物質だった

なぜ私たちの体は、痛風の原因となる老廃物の尿酸をわざわざ回収しているのでしょうか? それは尿酸に「抗酸化作用」があるためです。アンチエイジングで知られる抗酸化作用は、がんを防いでくれるなど私たちの体を守ってくれる大切な役割を果たします。

人間以外の多くの生物はビタミンCを体内で作ることができるのだとか。ところが、人間はビタミンCを作り出すことができないため、ビタミンCが果たしているその抗酸化作用を尿酸が担っています。痛風の原因物質である尿酸ですが、本当は体を守る重要な役割を果たしているのでした。

とはいえ、尿酸値は高ければよいというわけではありません。尿酸値が高いラットと通常のラットで血管の断面が比べてみると、尿酸値が高いラットは血管の内側が分厚くなった状態でした。これは尿酸値が高いと、血管の細胞が尿酸を多く取り込んで炎症が発生。血管が分厚く変化してしまうのです。


スポンサーリンク

尿酸の正常値は基準値「7」以下

ラットでおきた現象は尿酸値が高いと、血管の細胞が尿酸を多く取り込んでしまって細胞を刺激。炎症をおこすなどして血管自体が分厚くなってしまうのです。これが原因で、動脈硬化のような状態になってしまうと推測されています。

尿酸値の正常値は基準値「7」以下です。正常値なら尿酸は抗酸化作用の働きをしてくれる「よい作用」を及ぼします。しかし、正常値を超えてしまうと血管が動脈硬化のような状態になる「悪い作用」を及ぼすのです。

ちなみに、尿酸値が正常値を超えていながら痛風が発症していない状態には「高尿酸血症」という立派な病名が付いています。多くの人は痛風の痛みが出れば尿酸値を下げる努力を始めますが、痛みがないと尿酸値が高いまま放置することがほとんどです。尿酸値が正常値を越えている場合は、食生活や生活習慣をすぐに見直すべきでしょう。

■「尿酸」おすすめ記事
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!
痛風の原因「尿酸」は体に欠かせない物質だった
痛風を食事で治すにはプリン体だけでは不十分
同じ尿酸値なら女性のほうが危ない – ためしてガッテン
「果糖」が尿酸値が下がらない原因 – ためしてガッテン
基準値超えは「高尿酸血症」という病気 – ためしてガッテン
痛みがなくても尿酸は蓄積している!! – ためしてガッテン
高い尿酸値は命に関わる病気だった – ためしてガッテン
プリン体より注意すべき食品とは? – ためしてガッテン

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事