ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

心房細動は夜寝る前と起床時の脈で早期発見する

心房細動の推定患者数は100万人を超えますが、そのうち40%の人は自覚がありません。しかし、心房細動による血栓は手足が壊死させたり、脳梗塞をおこすこともあります。心房細動を早期に発見する方法を紹介しましょう。『ためしてガッテン』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
心房細動は夜寝る前と起床時の脈で早期発見する

心房細動で右手が壊死する可能性

東京都内に住む70歳の女性はスポーツが大好きで、病気をしたこともなかったといいます。そんなある日、水泳で400mほど泳いだ女性は右腕が重いことに気づきました。手がしびれてものが持ちにくい状態です。

プールサイドでしばらく休み、様子を見ると30分くらいで回復。ものをサッと持つことができたのです。ややしびれが残ったものの、一晩寝れば治ると考えて、そのまま就寝しました。

ところが翌朝、目を覚ますとまだ手のしびれがあります。そこで念のため、病院で診てもらうことにしたのです。すると、心房細動があるという診断。最悪の場合、右手が壊死して切断する可能性があるというのです。

心房細動で直径3cmほどの血の塊

心房細動は、心臓の心房の部分が細動する病気。つまりは、心房が痙攣するというものです。この心房細動が恐ろしいのは、この細動によって大きな血栓が作られてしまうことにあります。

心臓が痙攣状態になると、血液の流れが滞って血の塊が発生するのです。実際に心房細動での患者の心臓の映像を見てみると、直径3cmほどの血の塊が心房内の血液中を漂っているのがわかります。この血栓が血液の流れに乗って、心臓の外に飛び出してしまうのです。

血栓のとび先が手や足であれば、壊死する可能性があります。脳への血管に乗れば脳梗塞、腸へ向かう血管で詰まれば腸管膜動脈閉塞、腎臓へ向かう血管なら腎梗塞となります。血管が詰まると、その先の器官で壊死がおきるまでの猶予はおよそ6時間です。


スポンサーリンク

心房細動を早期発見する方法

心房細動のリスクを上げるのは、睡眠不足や過労、ストレス、過度の飲酒です。これらによって、心房細動の頻度が増えたり、細動の時間が長くなったりします。また、脱水症状にも気をつける必要があります。血液がドロドロになってしまうと、血栓ができやすい状態になるからです。

夜から目覚める前にかけてが、心房細動がおこりやすい時間帯。副交感神経が活発なタイミングです。このため、脂肪細動を早期発見するなら、朝起きたときと夜寝る前に脈を測って、脈拍が速くなっていないか、リズムや強弱が乱れていないかを確認します。

まずは3日間、夜寝る前と朝起きたときに脈を確認。それで異常がなければ、血栓ができるような心房細動はないと考えてよいでしょう。とはいえ、年に一度は心電図検査を受けるようにするのが確実です。

■「心房細動」おすすめ記事
「心房細動」と診断されたらサウナはNG!
心房細動の血栓で手足が壊死!?その意外な治療法
心房細動が原因の脳梗塞を予防するポイント3つ

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
高尿酸血症は心臓病の死亡リスクが2倍!!
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事